【サッカー人気3位】今後サガン鳥栖に何が起きるか経営的な部…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

森保J。いま探るべきいちばんの改善ポイントとは

写真:岸本勉/PICSPORT

吉田麻也、長友佑都、柴崎岳。モンゴル戦(10日)とタジキスタン戦(15日)の2試合にフィールドプレーヤーでスタメンフルタイム出場したこの3人。森保監督が現時点で中心と考えている選手たちだと推測される。

吉田は31歳、長友は33歳。当たり前の話だが3年後、すなわち2022年カタールW杯本大会を両者は34歳と36歳で迎えることになる。サッカー選手の寿命は伸びているとはいえ、微妙というか、厳しい年齢だと言わざるを得ない。とりわけ、機動力が求められる左サイドバック(SB)長友に対しては懐疑的になる。3年後から逆算すれば、弱い相手と戦っているいまこそ、他の候補を積極的にテストすべきではないかと言いたくなる。

森保監督が思わず使いたくなる理由は理解できる。数少ないチャンピオンズリーガーの1人だからだ。現日本代表では他に伊東純也、南野拓実もその仲間に加えられるが、彼らがいわゆるポッと出であるのに対し、長友はこれまで17試合に出場した経験を持つ。実績的には文句なし。彼ほど日本代表にふさわしい選手はいない。チームに安心感、安定感を求めようとするならば、外せない選手になる。

だが、サッカーそのものに目を向ければ、左SBは他の選手の台頭に期待したくなるポジションなのだ。左右を比較すればそれは明白。この2戦、チャンスや得点に絡む回数は、長友より酒井の方が断然多かった。活躍が目立ったのはもっぱら酒井になる。

(残り 1777文字/全文: 2389文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック