【サッカーパック人気5位】 「気がつけばチーム最年長。昭和生まれも自分だけ。でも自分はチームの先頭…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

3バックか4バックか。数字で判断してはいけない。コンセプトを見分ける方法とは

 

写真:Shigeki SUGIYAMA

4バックと3バック。それぞれには様々な種類がある。現在使われている布陣の中で種類が多いのは4バックだ。3バックとのシェア率を比較すれば、だいたい4バック8割、3バック2割。それぞれは多数派対少数派の関係にある。したがって3バックのチームは、それをあえて採用していることになるので、こちらはなぜそれなのかという興味を覚える。

とはいえ、サッカーのスタイルを見るうえで4バックか3バックかを一番の物差しにするのは間違いだ。一口に4バック、3バックと言っても種類は様々。コンセプトが異なる布陣が存在する。数字が4と3と違ってもコンセプトが同じ場合もある。数字に惑わされてはいけない。サッカーを語る上で注視しなければならないポイントになる。

たとえば、試合当初「相手は3バックです」と述べたなら、それはどういう3バックなのか、試合が流れていく中で詳らかにしていくのが実況アナや解説者、評論家の役割になる。4バックも然りだが、4バックのチームは一般的に4バックと呼ばない場合が多い。4−3−3とか4−2−3−1とか具体的な数列表記で言い表そうとするものだ。4バックは多数派なので、分類しやすいからだろうが、それだけに3バックが「3バック」と十ぱ一絡げに呼ばれていることに違和感を覚える。

3バックも種類豊富だ。コンセプトが違う布陣がある。「3バックです」と言ったまま放置されると、いたたまれなくなる。

(残り 1746文字/全文: 2362文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック