【サッカー人気5位】仙蹴塵記×KAWAJIうぉっちベガルタ…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

森保J。選手に求めるユーティリティ性が監督采配に欠けているという皮肉

写真:Shigeki SUGIYAMA

E1選手権対韓国戦。スコアは0−1だったが、内容は惨敗だった。韓国に敗れ優勝を逃す。東京で開催された前回大会(2017年)とこれは同じパターンだ。日本代表(ハリルジャパン)は北朝鮮(第1戦)、中国(第2戦)に連勝したものの第3戦の韓国に敗戦。スコアは1−4で、ハリルホジッチはこの惨敗が引き金となり解任の憂き目にあった。

日韓戦の熱はかつてほどではなくなっているとはいえ、日本の世論は韓国に敗れると動きやすい。今回もそうしたムードを若干感じる。「解任!」とまではいかないが、これまで出なかった(ように見えた)批判が、聞かれるようになっている。スコアがもし0−1ではなく、それ以上、開いていたらどうなっていただろうか。実際、その0−1は0−0より0−2、1−3に近い、最悪1−4もあったかもしれないという内容だった。森保監督は命拾いをしたという見方もできる。

タラレバ話を続ければ2年前、韓国に敗れたスコアが1−4ではなく0−1だったら、ハリルホジッチは解任されていただろうか。西野ジャパンは誕生していただろうか。ロシアW杯のベスト16はあっただろうか。

1−4という結果は分かりやすいが、0−1は分かりにくい。本質はスコアより内容にありーーと言いたくなる。現在の状況をもう少し深刻に捉えるべきではないだろうか。

敗戦の中に大きな成果が見て取れたなら話は別だ。森保監督はやりたいことをどれほど実現できたのか、振り返りたくなるのは、今月4日に行われたそのメンバー発表記者会見だ。

森保監督はそこでこう述べている。

「3バックも4バックもできるようにシミュレーションしています。ディフェンスと中盤、中盤とサイド、ディフェンスとサイドだったり、シャドーや攻撃的な中盤もできる1つのポジションだけではなく複数のポジションができる選手が揃っていると思いますので、そうした可能性を探りながら準備したいと思います」

(残り 2340文字/全文: 3151文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック