【サッカー人気3位】柳育崇「チームとして支えて、切り替えて…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

タッチラインの数メートル内側に仮想のラインを引いてみる

写真:Shigeki SUGIYAMA

採用する布陣が異なるA対Bの一戦で、ピッチ上に発生した(する)傾向を、布陣図上に落とし込みながら語ろうとすれば、目はAB両軍選手の配置がズレている箇所に向く。そして「Aはワンボランチの脇が狙われやすいですね」とか「Bは3バックの両サイドが狙われやすいですね」などと、各所に発生する数的有利、不利を探り、分析や予想の材料にしようとする。

たとえば、森保ジャパンが採用する3-4-2-1と水と油のような関係にある4-3-3がマッチアップすれば、ズレはピッチのあちこちで発生する。そのズレは、その隣で発生しそうなズレにも影響を及ぼす。それぞれは互い連鎖し合う関係にあるのだ。

とはいえ、それぞれのズレがもたらす影響力にはばらつきがある。試合内容に最も強い影響力を及ぼすのはどの箇所のズレか。差を広げやすいズレはどこか。地震に例えて言うならば、どの断層がピッチ全体に大きな揺れをもたらす可能性を秘めているか。優先順位をつけて考える必要がある。

105m×68mのピッチは、閉ざされた空間だ。ゴールは68mある横幅の中央部分に置かれているので、おのずと中央は外側より密集度が高く、外の密集度は中央より低くなる。

(残り 1869文字/全文: 2384文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック