【サッカー人気3位】「面白いサッカー」が約束されている清水…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

2021年に延期されたユーロ=欧州選手権。歴代ベストゲームとベストゴールを探ってみた

写真:Shigeki SUGIYAMA

今年6月から7月にかけて開催される予定だったユーロ2020は、1年延期されることになった。言わずと知れた4年に1度開催される欧州の国別対抗戦だ。1ヶ月弱の間に争われる短期集中トーナメント。W杯に一番近い大会になる。日本が出場していないので、第3者の立場で身贔屓なしに楽しめる大会であり、サッカーを学ぶ教材として、うってつけの大会だ。

今回はそのユーロの思い出について記してみたい。ベストゲーム、スーパーゴールに迫っていきたい。

ユーロ2012(ウクライナとポーランド共催大会)まで16チームで争われてきた本大会は、前回ユーロ2016(フランス大会)から24チームに増大。華やかさも増した印象だが、部外者であるアジア人の筆者が意見するのも何だが、16チームで争われた前々回までの方が個人的には気に入っている。チームの数が少ない分、上位と下位との力も拮抗していて、大会はグループリーグの段階から緊張感の高い、締まった試合が続いていた。

たとえば、ポルトガルで開催されたユーロ2004。グループリーグD組はチェコ、オランダ、ドイツ、ラトビアが同居する最大の激戦区となった。当時のチェコは強豪で、ラトビアを除く3チームがまさに横一線で並んだ状態にあった。名勝負が生まれる条件は整っていた。

チェコ対オランダ。個人的には、ユーロ史に燦然と輝く試合だと思っている。代表チームのベストゲームをひとつ挙げよと言われれば、水の都として知られる小都市、アヴェイロを舞台に行われたこの一戦になる。

(残り 2221文字/全文: 2872文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック