【サッカー人気3位】秋葉忠宏監督「主体性が高まっているから…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

94-95シーズンCL準々決勝バルサ対マンUで魅せたロマーリオの異彩

写真:Shigeki SUGIYAMA

チャンピオンズリーグ1994-95と言えば、ウィーンの「エルンスト・ハッペル」で行われた決勝で、アヤックスがミランを下し22年ぶりの優勝を飾ったシーズンとして記憶される。

アヤックスはグループリーグでもミランと同じ組で戦い、ホーム戦アウェー戦ともに勝利していたので、2連覇を狙ったミランに決勝戦を含め、1シーズンで3度勝ったことになる。

その前シーズン(=93-94)にミランと決勝を争ったのは、アヤックス出身のヨハン・クライフが監督を務めるバルセロナ。前評判で大きく上回りながらミランに0-4で敗れた。

そして続く94-95シーズンも、クライフ率いるバルサは、準々決勝でリベリアの怪人、ジョージ・ウェアを擁するパリSGに敗れていた。

アヤックスのルイス・ファンハール監督は、そんなバルサについて「大物選手が個人プレーに走っている」と、ロマーリオ、ストイチコフの振る舞いを批判。選手がチームプレーに徹しながら快進撃を続ける自軍アヤックスとの違いを強調した。

93-94シーズン、PSVからやっていたロマーリオは、アメリカW杯明けのシーズンにあたる94-95の初めからクライフ監督を悩ませていた。チームの練習に参加せず、シッチェスというバルセロナに隣接するリゾート地に雲隠れし、連絡が取れない状態にあった。悪童の名を欲しいままにしていた。

そして95年に入るとバルサを電撃的に退団。ブラジルに帰国し、フラメンゴに移った。結局、バルサ在籍はわずか1シーズン半に終わったロマーリオだが、痕跡はしっかり残していた。30ゴールを挙げ、スペインリーグ得点王に輝いた93-94シーズン。半年しか在籍しなかった94-95シーズンで、ベストゲームを挙げるなら、チャンピオンズリーグのグループリーグ対マンチェスター・ユナイテッド戦となる。

(残り 1763文字/全文: 2534文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック