【サッカー人気1位】完膚なきまでの敗戦だった鹿島戦 今季の…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

「推定有罪」のスタンスで解任したハビエル・アギーレ元日本代表監督にもう一度オファーを!

写真:Shigeki SUGIYAMA

ザッケローニにもハリルホジッチにも、さらに言えば、ジーコにもトルシエにも、もう一度、日本代表監督の座に就いて欲しいとは思わない。岡田さん、西野さんにも同じことが言える。

実際。惜しまれつつ退任したというより、辞めるべきタイミングで退任したという印象だ。賞味期限が切れるタイミングが、退任のタイミングと、概ね一致していた。それは裏を返せば、監督探しが上手く行かなかった証拠だ。満足度の高い監督を招くことができなかったことを意味する。

病に倒れたオシムを除けば、例外はただ1人。ハビエル・アギーレだ。もちろん個人的な見解になるが、この監督に関しては、他の監督のように限界を見せられた気にはならなかった。可能性を感じさせる、満足度の高い采配をしていながら退任に追い込まれた。

サラゴサ監督時代、レバンテ戦で、八百長事件に関与したとの嫌疑を掛けられバレンシアの裁判所に訴追されたことが、その退任の引き金になった。日本サッカー協会はこれに否応なく反応。就任から約半年で契約を解消した。イメージを気にするスポンサー側からクレームが付いたのか、判決が出ていないうちから「疑わしきは罰せず」の精神に抗う判断を下した。推定無罪ならぬ推定有罪。判決が出る前から疑い、職を解くという人道的に疑問が残る行為に出た。

(残り 1703文字/全文: 2263文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック