【サッカー人気3位】勝ち点1を手繰り寄せた西川周作のビック…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

「再開」で浮き彫りになる弱者とは。サッカー選手もフリーランスだ!

写真:Shigeki SUGIYAMA

ブンデスリーガ。5月16日(土)から再開するのだそうだ。テレビの放映権収入がないと倒産するクラブが現れそうだと言われれば、致し方ない気がするが、実際に現場で戦う選手には、これはまことにリスクの高い話になる。

試合前日には検査が行われるとのことだが、彼らは自軍のクラブで練習をして試合に臨む。通常からチームメイト間で接触している。アウェー側には移動のリスクもつきまとう。クラブバスに限らず、飛行機や列車を利用する可能性もある。この再開を選手はどう捉えているのだろうか。

最も前向きになれるのは、試合をしなければクラブが潰れてしまう選手だろうか。切羽詰まっている側になる。しかし、チームメイトの間にも温度差はあるはずだ。来月受け取るサラリーなしに暮らしていけない選手もいれば、特段、お金に困っていない選手もいる。ブンデスリーガでプレーする選手の多くは後者だろう。前向きになれる人もいれば、なれない人もいる。というより、本当に試合をしたがっている選手は、少数派ではないだろうか。

すでに今シーズンの打ち切りが決まっているオランダリーグ、フランスリーグでプレーする選手は、ブンデスリーガでなくてよかったと思っているのではないか。

 マルセイユに所属する酒井宏樹もその1人。「チームにとっては再開した方がいいのは分かっていたが、選手としては無観客かつ感染リスクの高い中で、プレーしたくないというのが本心だった」と、共同通信の問い掛けに答えている。

(残り 1422文字/全文: 2053文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック