【サッカー人気2位】サッカーに一喜一憂する日々が戻ってくる…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

「再開」に忍び寄る同調圧力。本音を言えない選手たち

写真:Shigeki SUGIYAMA

プロ野球とJリーグは、コロナ禍の対応で対策連絡会議を設置し、斎藤コミッショナーと村井チェアマンが一緒に会見を開くなど連係を図り、足並みを揃えてきた。しかし、緊急事態宣言解除後の反応には違いが見られた。

解除の発表を受け、プロ野球が即、6月19日開幕を発表したのに対し、Jリーグはいまのところ発表なし。5月29 日に開かれる会見で明らかになるのではないかと言われる。再開はプロ野球より遅れそうである。

そもそもJリーグ再開のハードルは、プロ野球より断然高いのだ。

野球は試合中、選手同士が接触するシーンが少ない。一塁走者と牽制に入る一塁手、それを含めた各塁上でのタッチプレーとか、せいぜいそれぐらいだ。ポジション的には、打者及びアンパイアと常に近距離で接する捕手が最もリスキーになるが、無意識のうちに相手のユニフォームを引っ張っていたりするサッカーに比べれば、数段マシ。接触率という点で両者の間には大きな違いがある。

野球とサッカーは日本を代表する2大プロスポーツ。これまで連係を図り、足並みを揃えてきた理由も、それぞれがバラバラだと好ましくない、日本のスポーツ界をリードする集団として格好よくないとの判断に基づいていた。どちらかが突出しないように、横並びのスタンスを意識してきたとも言える。

その流れで行けば、再開もお互い同じタイミングにしたかった。ところがプロ野球は、Jリーグより先に日程を決めてしまった。プロ野球と並ぶ日本を代表する2大プロスポーツと言うならば、サッカーものんびりしてはいられない。プロ野球に追随する必要がある。プロ野球が6月19日開幕なら、Jリーグも6月中にはなんとか再開に漕ぎつけたい。遅れたくないとの意識は働きやすい。

(残り 1908文字/全文: 2642文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック