【サッカー人気1位】危機を察する力とメリハリのなさは痛みに…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

身体の硬いロマーリオのプレーがなぜ柔らかく見えるか。サッカーらしさを象徴する案件だ

写真:Shigeki SUGIYAMA

動きの柔らかい選手といわれて、いの一番に想起する選手はロマーリオだ。吸い付くようなトラップ。胸トラップからの反転ターン。身体を傾け、片足立ちになりながら放つボレーシュート等々、ネコ科の動物を連想させる、まさに人間離れした身のこなしに目は釘付けにさせられたものだ。

1995年バルセロナからブラジルのフラメンゴへ突然、戻ったロマーリオを追いかけて、現地を訪れた時のことだった。スタンド下のとある片隅で、ロマーリオがトレーナーの手を借りて、柔軟体操を行っていた。直ぐにロマーリオだと判明したわけではない。この選手、もしかしてロマーリオ? と近づき、確信を得るまで少々、間が空くことになった。

身体は滅茶苦茶柔らかいものと想像していた。トレーナーが背中を押せば、上体はその開脚した体勢から、べったり地面に付くものと思い込んでいた。トレーナーが力一杯押しても、2030センチ手前でうんうん言いながら止まっているその姿に、ロマーリオを直ちにイメージできなかった。

動きの柔らかさは、身体の柔軟性とどれほど関係するか。この件に関しては、以前から引っかかりを感じていた。日本代表戦やJリーグの試合前、ピッチでウォーミングアップする選手を見て抱いた素朴な疑問だった。巧いのに硬い選手は少なくなかったからだ。

(残り 1548文字/全文: 2108文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック