【サッカー人気3位】ストライカーポジションは現状でオナイウ…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

カメルーンに内容で敗れた森保J。致命的に欠けているコンビネーションプレーとは

写真:Shigeki SUGIYAMA

欧州組だけで編成した日本代表で臨む国際親善試合。オランダのユトレヒトで行われたその第1戦、対カメルーン戦は0-0の引き分けに終わった。カメルーンをどのレベルのチームと見なすかで評価は分かれるが、判定で勝ち負けを決めるならば、勝者はカメルーンになる。

試合開始から後半のなかばまで日本はカメルーンに押されていた。ボール支配率は30%台だった。チャンスの数もそれに比例していた。

だが前半、森保監督は一般的に攻撃的だと言われる4-2-3-1で臨んでいた。高い位置からプレスを掛けやすい布陣を用い、日本のアタッカー陣も、このコンセプトに忠実に従い、相手とボールを勤勉に追いかけた。そして何度かに1回、ボールを奪うことに成功した。4-2-3-1以上に攻撃的と言われる4-3-3で向かってきたカメルーンより、プレッシングは効いていた。

日本は、早い段階で奪い返す機会が多かったにもかかわらず、ボール支配率で大きく上回られてしまったわけだ。奪ったボールを保持する時間が短かったからだ。相手のプレスが特段、効いていたわけでもないのに、ボールを早い時間に失った。

攻撃の方法に問題があったことは明白だ。真ん中と外。ボールを奪われやすいのは真ん中だ。相手が四方から取り囲むので、ボールを保持する難易度は外に比べ、自ずと高くなる。早い段階から真ん中に向かって攻撃を仕掛けたこと、サイドを有効に利用しなかったことが、早々にボールを失った一番の原因になる。

とはいえ前半、森保監督が選択した4-2-3-1は、サイド攻撃を仕掛けやすい布陣である。たとえば、森保監督が後半から採用した3-4-2-1を、その点で確実に上回る。理由は分かりやすい。3-4-2-1が両サイドにサイドアタッカーが各1人しかいないのに対し、4-2-3-1は各2人いるからだ。サイドでボールを保持しやすい布陣。支配率が上がりやすい布陣を採用しておきながら、支配率を上げることができなかった。ここに森保ジャパンの大きな問題が潜んでいる。

(残り 1935文字/全文: 2787文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック