0‐7の処方箋(J論)

サッカー番長 杉山茂樹が行く

日韓戦を感情論で語ることの愚かさについて

写真:Shigeki SUGIYAMA

 今月24日、日韓戦が行われる。代表戦をホームで開催するのは2019年11月、吹田で行われたベネズエラ戦以来、1年4ヶ月ぶり。日韓戦は同年12月、韓国の釜山で開催された東アジアE1選手権以来となる。国内で久々に行われる代表戦。それが日韓戦となると観戦のモチベーションはいっそう上がる。
 
 とはいえ、親善試合のひとつであることも確かなのである。
 
 2019年12月、釜山で開催されたE1選手権で、日本が韓国に0-1で敗れると、森保一監督への批判は急速に膨らんだ。
 
 その1ヶ月前には、ベネズエラにホームで1-4と大敗していた。五輪チームも同様にホームで0-2と完敗。森保監督にはE1選手権の前から、すでに危ういムードがぷんぷんと漂っていた。しかし、世の中は優しかった。鈍かったと言うべきか。メディアもファンもその時点で、批判精神を発揮することはなかった。
 
 ところが、E1選手権で韓国に敗れると一転。森保監督への批判は、堰を切ったようにあふれ出した。サッカーには、批判が生まれやすい競技的な特性があるとはいえ、日本は例外だ。世界に比べるとまだまだ劣る。10分の1程度しかないと言いたくなるその控え目な批判精神は、釜山で韓国に0-1で敗れると、一気に爆発した。
 
 それが日韓戦の持つ意味だと言えば、それまでだが、もし1-1で引き分けていたら、どうなっていただろうか。及第点だと胸をなで下ろしていた可能性が高い。内容はどうあれだ。
 
 だがこの試合の0-1は、1-1あるいは0-0より、0-2に近い内容だった。特に前半は韓国の一方的なペースで、3点決められていても不思議はなかった。終盤、日本は巻き返したが、トータルで見れば惜敗というより完敗に近かった。

(残り 1930文字/全文: 2664文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ