0‐7の処方箋(J論)

サッカー番長 杉山茂樹が行く

森保監督が4-3-3の次にトライすべき布陣とは、あの3バックだ

(写真:岸本勉/PICSPORT)

 14-0で大勝したモンゴル戦。前半のスコアは5-0で、後半のスコアは9-0だった。ハーフタイムに抱いた興味は、日本の得点が10点に届くかどうかだった。まさか後半だけで9点奪うとは。こちらの想像を超えていた。

 モンゴル選手のモチベーションが、点差に比例するように低下していったので、それも当然という気がするが、日本のサッカーそのものにもその原因は垣間見えた。内容は、前半より後半の方が明らかによかったのだ。

 違いはどこにあったかと言えば、布陣だ。もう少し具体的に言えば、南野拓実のポジションだ。森保一監督は、韓国戦(25日)に続き、4-2-3-1を採用。南野はその3の左でプレーした。

 韓国戦の南野はサッパリだった。3-0で勝利したチームの中で唯一、喜べない選手だったのではないか。プレーの善し悪しと言うよりも、南野のサッカー選手としての適性が、ポジションと一致していないことがその一番の原因だった。3の左で南野はとても不自由そうにプレーしていた。

 相手がモンゴルに変わっても同様だった。努力の跡はうかがえた。韓国戦より、南野はサイドに張って構え、右の伊東純也と左右対称な関係になることを心がけているようだった。しかし、それが南野自身のプレーを萎縮させることに繋がっていた。居心地悪そうにプレーする姿を隠すことはできなかった。5-0で折り返したチームの中で、1人蚊帳の外に置かれていた。

 それが後半に入ると一転。南野は水を得た魚と化した。布陣の変更とそれは大きな関係がある。

 後半の頭から森保監督は4-3-3を採用。南野は、その右のインサイドハーフに収まった。サイドから真ん中へ移動したのだ。この4-3-3は、後半18分、南野とともに4-3-3の左インサイドハーフでプレーしていた鎌田大地が、守備的MF稲垣祥と交代したことで終わりを告げた。布陣は再び4-2-3-1に戻ったが、南野は鎌田がベンチに下がったことで、真ん中(1トップ下)の位置をキープした。引き続き、気分よくプレーすることができた。つまり日本代表はよいバランスを保ったまま、その後の戦いに臨むことができた。次々と加点することができた一番の理由である。

(残り 2344文字/全文: 3260文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ