【サッカー人気1位】J再開前の重要チェックポイント! 各ク…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

拍手と手拍子しか聞こえてこないJリーグのスタンド風景に違和感を覚えるわけ

写真:Shigeki SUGIYAMA
 ガンバ大阪の宮本恒靖監督が解任された。電撃解任という言い方もされているほどなので、突然の出来事と言えるだろう。自動降格圏内の18位。G大阪は新型コロナの感染者を出した影響で、消化試合数が他のクラブより数試合少ない。この低位置はある程度、やむを得ない気がする。
 
 とはいえ、昨季の成績(2位)との落差はあまりにも大きい。高まった期待値を裏切ったことは確かだ。宮本監督には評価が他の監督より厳しくなる、不運と言いたくなる巡り合わせがあった。
 
 下平隆宏(横浜FC)、ザーゴ(鹿島アントラーズ)に続く、今季3人目の解任劇だ。今季は4チームが自動降格する。降格率20%という厳しい設定だ。クラブ首脳は、問題があれば通常のシーズンより早く手を打とうと考える。全日程のおよそ3分の1を消化した段階で20チーム中3人の監督の首が飛ぶ現在の姿は、その緊張感、切迫感の表れに他ならない。
 
 だが、試合の現場は静かだ。舞台となるスタジアムは、無観客あるいは、人数制限が敷かれた中で行われているので、緊張感、切迫感、さらに言うならば殺気を発露させることがない。
 
 そもそも声を出した応援が禁じられている。応援の手段はもっぱら拍手。観客は満足度をその強弱で表現しているが、その一方で不満足度を表現する術がない。ブーイングは声を出す行為に値するので禁止行為となる。スタンドにこだまするのは拍手のみ。スタジアムは常にニコニコ、微笑んだ状態にある。試合現場にいると、降格率20%、いつ新たに監督の首が飛んでもおかしくない今季の厳しさを、思わず失念しそうな甘いムードに包まれている。

(残り 1615文字/全文: 2304文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ