【サッカー人気3位】総力結集でポステコグルー前監督退任とい…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

ユーロ準決勝デンマーク対イングランド戦。疑惑のPKから考察するVAR時代における「ホームの利」

写真:Shigeki SUGIYAMA
 ユーロ2020準決勝、イングランド対デンマーク戦の延長前半14分。イングランドのラーヒム・スターリングがエリア内で倒れ、PKの笛が吹かれた時、判定は覆るものと思っていた。ところが、VARによる検証を経ても、オランダ人のダニー・マッキーリー主審が下した判定は変わらなかった。このPKをハリー・ケインが決め、イングランドの決勝ゴールとした。
 
 このイングランド贔屓の笛。以前ならさほど違和感に襲われることはなかった。サッカー界は、長年にわたりホームタウンディシジョンを肯定してきたからだ。「アウェー戦ではPK1本分覚悟せよ」と、普通に言われてきた。
 
 VARはこの考え方を真っ向から否定する仕組みだ。VARの採用は、ホームの利、アウェーの不利というサッカー文化が、これから衰退に向かうであろうことを示唆している。
 
 白か黒か、ハッキリしない曖昧さがサッカーの魅力と言えば魅力である。運が結果に及ぼす影響は3割と言われる。その何割かは審判の判定に委ねられる。50%だとすれば、審判の判定が結果に占める割合は15%だ。しかしこの数値は、VARに移行すれば大幅に減る。限りなくゼロに近づけば、3割と言われる運が結果に及ぼす影響も半減する。サッカーの競技性は、よくも悪くも一変する。
 
 映像を解析することで、判定が限りなく中立的になることは、悪いことではない。歓迎すべき話になるが、審判の判定に大きな影響を受けてきたサッカー史を振り返ると、一抹の寂しさを覚えることも事実。
 
 今回のユーロはそうした意味で新鮮だった。「オフサイド・ディレイ」ってどうなの? 近い将来、何らかの手が加えられることは確実だろうとか、突っ込みを入れたくなる瞬間は幾度となくあったが、準決勝のイングランド対デンマークのPKシーンは特別だった。ハリー・ケインがPKをあっさりと決める光景を画面越しに捉えると、時代に逆行する判定に対し、行き場のない不審の念に襲われるのだった。

(残り 1747文字/全文: 2576文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ