【サッカー人気5位】【特別対談】元川悦子と語る”第二の遠藤…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

川崎の浮沈のカギを握る山根視来。「サッカーはSBが活躍した方が勝つ」

写真:Shigeki SUGIYAMA

 つい1年ほど前まで日本代表に選ばれると思っていなかった選手が、今回もしっかり選ばれていた。W杯最終予選対オマーン戦(9月2日)、中国戦(9月7日)を戦うメンバーの中で、フィールドプレーヤーとして選出された国内組はわずか4人。その1人であるだけに貴重な存在に見える。川崎フロンターレの右サイドバック(SB)山根視来のことだ。
 
 右SBの候補として選ばれた選手は山根を含めて3人。他に酒井宏樹(浦和)、室屋成(ハノーファー96)がいるが、この2人は槍系の右SBだ。将棋の駒で言うなら香車。直進性の高い右SBであるのに対し、山根は中盤的だ。右サイドで円滑なパス回しの起点として機能している。
 
 川崎に移籍してきたのは昨季。その前に所属していた湘南ベルマーレ時代は、3バックの一角としてプレーしていた。特段、有名ではなかった選手が、短期間の間に右SBとしてJリーグ優勝に貢献し、そのうえ代表チームにまで上り詰める姿は、まさに痛快劇。一番驚いているのは本人かもしれないが、そこにサッカーの面白さ、特殊性を見る気がする。
 
 もともと備えていた才能なのか、川崎に移籍してきてから開眼したのか、いずれにしても、確実に言えるのは、プレーに間違いがないことだ。感情に起伏が少ないというか、慌てることがない。安定しているのだ。
 
 具体的に言えば、山根を経由すると、パス回しは円滑になる。間の取り方もいいので、マイペースで試合が進展しているイメージが強まるのだ。ポジション取りもいい。バランス感覚もある。川崎のパスサッカーに欠かせない、一つの重要な駒になっている。
 
 川崎にとって、いま一番いなくなられては困る選手と言うべきかも知れない。今季これまでの出場時間はチームで断トツの一番。休んだ試合はわずか1試合だ。その他はフル出場を続けている。

(残り 1862文字/全文: 2634文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ