【サッカー人気4位】WEリーグのスタジアムにプロリーグらし…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

欧州に蔓延し始めた守備的サッカーの波。日本はこれを歓迎すべき事象にできるか

写真:Shigeki SUGIYAMA

 昨季のチャンピオンズリーグ(CL)で、あれよあれよという間に優勝を遂げたチェルシーは、3バックを敷くチームだった。一口に3バックと言っても、5バックになりやすい3バックもあれば、簡単になりにくい3バックもある。後方に人が多い、後ろで守る守備的な3バックもあれば、高い位置からプレスを効率よく掛ける、かつてのアヤックスやバルセロナが敷いていた、より強気な3バックもある。とはいえ3バックの大半は、4-2-3-1や4-3-3という4バックの一般的な布陣より守備的だ。トーマス・トゥヘル監督率いるチェルシーのサッカーも、例外ではなかった。
 
 だが、1992-93シーズンにスタートしたCL史の中で、攻撃的とは言えない3バックを敷くチームが優勝した例は少ない。昨季のチェルシー以前では2000-01のバイエルン、1996-97のドルトムントに限られる。
 
 3-4-3で1994-95シーズンのCLを制したアヤックスは、先述の通り、例外になるが、いずれにしても、チェルシーが優勝した昨季は、特筆すべきシーズンだったのだ。
 
 今季、その傾向は加速するーーとは、東京五輪の前に開かれたユーロ2020を見れば、あらかた予想できた。それについては、7月21日のこの欄で触れているが、もう一度、同大会の傾向を、お復習いをすればこうなる。
 
 4バックのみで戦ったチームは前回大会(ユーロ2016)が19チームだったのに対し、今回は8チーム。3バックをメインに戦ったチームは前回わずか1チームだったのに対し、6チーム。両方を併用したチームは前回5チームだったのに対し、10チームを数えた。
 
 代表チームのサッカーは、それぞれの国のリーグの写し絵と言われる。その国の現在の状況を反映したサッカーだとすれば、欧州大陸に攻撃的ではない3バックが流行していることがよく分かる。
 
 一番驚かされたのがオランダだ。かつてのオランダは、先述の通り3バックと言えば、その中でも最も攻撃的な中盤ダイヤモンド型の3-4-3だった。1994-95シーズンのアヤックスがそれを用いて欧州一に輝いたとは、先述の通りだが、ユーロ2020では、3バックの中でも守備的な部類に属する3-4-1-2を採用していた。

(残り 2144文字/全文: 3084文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ