ボラセパマレーシアJP

AFCカップG組-最終戦に大勝のクダはグループスタージ1位突破

インドネシアのバリ島で開催されているG組はクダ、ビサカFC(カンボジア)、バリ・ユナイテッド(インドネシア)、カヤFC(フィリピン)の4チームで構成されています。初戦のバリ・ユナイテッドに0-2敗れたものの、2戦目のカヤFC戦に4-1と勝利しているクダは、この試合で3点差以上をつけて勝てばG組首位の首位に浮上します。

クダのアイディル・シャリン監督は第2節のカヤFC戦からの先発XIからは、MFアザムディン・アキムをMFアイマン・アフィフへ、GKシャールル・サアリをGKイフワット・アクマルに代えた以外は大きな変更を行わず、大量得点での勝利を目指しました。

開始11分でクダに先制のチャンスが訪れます。相手ペナルティエリアでロナルド・ンガが相手GKに倒されてPKを得、このPKをンガ選手自身が蹴るもシュートはゴールポストの上に外れてしまいます。逆にビサカFCが20分に先制し、クダは追う立場になってしまいます。

しかしここから28分にマフムード・アル=マルディが同点ゴールを決めると、前半ロスタイムにはマフムード選手のFKがゴールとなり逆転して前半を折り返します。後半に入るとファイヤド・ズルキフリのクロスをマフムードが決めてハットトリックを達成すると、67分にはファイヤッド・ズルキフリ自身が4点目、そしてこの試合ではことごとく後期を逃していたンガ選手がようやくゴールを決めて、クダが5-1でビサカFCを破り、G組首位でのグループステージ突破を果たしています。

クダがビサカFCに大勝したおかげで、KLシティが「各組2位の内の最高成績チーム」となるおまけもついたこの勝利で、Mリーグからは2チームが東南アジア地区の準決勝に進出しています。

この結果、東南アジア地区準決勝では、クダはH組首位のPSMマカッサルと8月9日に、KLシティはI組首位のベトテルFC(ベトナム)と8月10日にいずれもアウェイマッチで対戦することが決まっています。

AFCカップ2022 グループステージG組第3節
2022年6月30日(木)カプテン・イ・ワヤン・ディプタスタジアム(バリ、インドネシア)
クダ 5-1 ビサカFC
⚽️クダ:マフムード・アル=マルディ3(28分。45+2分、54分)、ファイヤド・ズルキフリ(67分)、ロナルド・ンガ(76分)
⚽️ビサカFC:モハメド・ファーズ・カーン(20分)
🟨クダ(0)
🟨ビサカFC(0)

(下はこの試合の両チームの先発XIとダイジェスト映像。映像はアストロアリーナの公式YouTubeチャンネルより)

AFCカップ2022 グループステージG組第3節
2022年6月30日(木)@カプテン・イ・ワヤン・ディプタスタジアム(バリ、インドネシア)
カヤFC 0-1 バリ・ユナイテッド
⚽️バリ・ユナイテッド:ジャジャン・ムルヤナ(25分)
🟨カヤFC(0)
🟨バリ・ユナイテッド(3):ウィリアン・パシェコ、ラムダニ・レスタルフ、リズキー・ペルー
カヤFCの藤井亮選手は先発してフル出場。堀越大蔵選手は78分に交代出場し、試合終了までプレーしています。

AFCカップ2022 グループステージG組 最終順位

チーム 得失差 勝点
1 KDA 3 2 0 1 9 4 5 6
2 VIS 3 2 0 1 8 8 0 6
3 BUF 3 2 0 1 5 5 0 6
4 KAY 1 0 0 3 2 7 -5 0
KDA-クダ、VIS-ビサカFC、BUFーバリ・ユナイテッド、KAY-カヤFC
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ