メディアを、携帯する。新世代のメディア、タグマ!
新世代のメディア、タグマ!

松沢呉一のビバノン・ライフ

松沢呉一のビバノン・ライフ
【価格】
〔月次課金の場合〕540円(税込)/30日
【発行周期】不定期
【発行形態】ウエブマガジン
【URL】https://www.targma.jp/vivanonlife/
【サンプルページ】https://www.targma.jp/vivanonlife/about/
【内容】
私は銭湯が好きです。もともと風呂好きではあったのですが、昨年、ここに日本と韓国の決定的な溝が存在していることを知り、その調査を始めたのがきっかけで、あちこちの銭湯に行くようになりました。調査は現在も続けてはいるのですが、重心は銭湯を巡ることそのものに移動しつつあり、23区内の銭湯を全部回ろうと思ってます。

このタイトルはそれにちなんだものです。ビバノンはもちろんデューク・エイセス、ザ・ドリフターズの「いい湯だな」のフレーズです。

「ババンババンバンバ、ビバノンノ」というあのフレーズはなんなんだろうと思ったら、フランス語を意味なくつないだものだと知って、意味がありそで意味がない、意味がなさそで意味があるこのウェブマガにピッタリだと思った次第。

しかし、銭湯の話はメルマガでやっているものですから、銭湯については触れません(なんだよ)。

各地の風呂に入っていると、いろんな発見があるわけです。意味不明の刺青が入っている人がいたり、全身の毛を剃っている人がいたり、ゲイのコミュティーになっていたり。そこういうこともここでは触れないわけですけど、知らない町の知らない銭湯で、知らない人たちと風呂に入っていると、いつもは考えないようなことを考える。

倦怠期の夫婦が知らない場所で俄然濃厚な夜を迎えるようなもので、人間は環境が変わると思考も変わる。日々、知らない環境で考えたことをここでは綴っていこうと思います。

メルマガはかれこれ10年続けていて、半世紀前のエロ本に出ていた話を紹介したり、東京23区内にいるヘビを探したり、ブルガリアのチャルガの話だったり、陰毛の剃り方を探究したりしてきまして、もうじき6千号になります。タイムリーなネタは他にも触れる人がいっぱいいるので、そういうものは避ける方針だったのですが、どんどん時事ネタ、社会ネタ、ニュースネタが増えてしまっているので、それをこっちでやっていくつもりです。

風呂に入る気分でお楽しみください。

無料会員登録