【サッカー人気2位】どっちも上手くいかない試合に勝利、去年…

「ファジラボ」寺田弘幸

【J2第12節・長崎戦】プレビュー『激闘必死の長崎戦 波に乗るチャンスの試合』

昨季は2度目のプレーオフ進出を果たした長崎だが、今季はここまで1勝5分4敗と結果を出せていない。大幅な選手の入れ替えが行った今季は、まだチームの力が一つになっていない印象だ。ただ、「力は間違いなくあるチーム」と話す長澤監督は、ミーティングで選手たちに「激闘になる準備をしておけ」と伝えているという。

長崎との試合が激闘になることは、過去の戦いからも容易に想像できる。ハードワークを前面に押し出して戦うスタイルが確立されている長崎とファジアーノは、球際でバチバチとやり合うガチンコ勝負を繰り広げてきた。戦績はファジアーノの1勝5分。まだ1度も敗れていないが、アウェイの地では3引き分け。まだ勝利を奪うことはできていない。今節も厳しい戦いが待ち受けていることは覚悟しないといけないだろう。

長崎戦のポイントはハードワークで負けないことに尽きる。「連戦の3試合目だから、よりそこが明確になってくる」(長澤監督)。運動量で上回ったチーム、球際のバトルを有利に運んだチームが、試合の主導権を握ることは間違いない。ファイトできる選手で臨むことが重要だが、選手個々のメンタリティを心配する必要はなさそうだ。前節・横浜FC戦の勝利がチーム内の競争を活性させており、選手たちは自分の力を証明すべく長崎戦に臨むはずだ。

長崎戦予想スタメン

大事なのは、高まっている選手個々のモチベーションをチームとしてのパワーに変換していくこと。僕は押谷、加地、篠原の先発復帰を予想したが、「勝った後はメンバーを変えない」セオリーにのっとって結果を出した選手を継続して起用することも、チームに正当な競争を起こしていくためには重要なことだ。長澤監督はどんなメンバーを選択し、どうプランニングして試合に入っていくのか。今節は特に指揮官の采配に注目したい。

チームの総力を出し切らなければ長崎に勝利することは難しいが、だからこそ勝利したときに得るモノも大きくなる。今節に勝利を収めることができれば、チームに大きな弾みがつくだろう。長崎戦はシーズンに何度か訪れる、波に乗るチャンスの試合だと思っている。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック