『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】『2019 新加入会見(全文)』

司会:本日はお忙しい中、2019ファジアーノ岡山新加入会見にご来場いただきまして誠にありがとうございます。本日、司会進行を務めさせていただきます、ファジアーノ岡山広報の齊藤でございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

それでは、まず初めに代表取締役ゼネラルマネージャーの鈴木徳彦よりご挨拶申し上げます。

 

鈴木徳彦代表:皆まさこんにちは。代表取締役の鈴木でございます。お集まりいただきまして本当にありがとうございます。毎年いろいろとメディアの皆さんには大変お世話になっていますし、去年の監督の長澤も常々皆さまには大変助けられたということをしょっちゅう話をしておりましたが、引き続き今年もよろしくお願い致します。

今日は新体制ということで、まず今年一つは監督が新たになりました。監督を選任するポイントってクラブによっても違うかもしれませんし、そのシーズンによっても違うかもしれませんけども、例えば一つ今シーズンで言うと、実績の高い人だとか外国人にしようだとかということよりも、これまでずっとファジアーノが歩んできた道のりをきちっと理解して、そのうえで新しい風を吹かせてくれる人にしようということで、今回は有馬さんにお願いした次第です。

去年、代表取締役に就任したときに『このクラブは非常にいいクラブだと感じる』という話をさせていただきましたけども、チームが強いとか弱いとか、経営規模が大きとか小さいとか、そういうことじゃなく、きちっとクラブに集うみんながそれぞれ自分の目標だったり夢をもってて、それをチャレンジして目標に到達していくことが自然とクラブの目標達成につながっていくという図がきちっと書けている。それから、ちゃんと地域から支えられている姿がある。そういうことから『いいクラブだ』というお話をさせていただきました。

創設のときに関わっていただいた皆さまが、この地においてどういうことをやり続ければいいのかをきちっと考えて、その路線をずっと今まで歩んできているんだと思っています。それをきちっと大切にして、そのうえに新たにまた新監督の新しい絵だったり、新しい切り口を期待しています。ファジアーノがずっと追求してきたフットボールは、ハードワークして走ることだったり切り替えることだったり、コミュニケーション。こういったファジアーノが追及してきたところと新監督が考えているところは大きな差がなく、また新たな切り口から選手にいろんな落とし込みをしてくれるものと考えています。

それからコーチの方は、眞中コーチと吉田コーチが新たに加入してくれています。ご存知の方もいるかと思いますけど、眞中コーチはまだ政田のクラブハウスができずグラウンドも転々としているような苦しい時期に、それでも常に前へ向かって上を目指して指導を続けてくれたコーチだというふうに理解しています。そういったときのマインドをやはり忘れてはいけないと思いましたし、そういったところを選手にも伝えていってもらいたいと思います。

吉田コーチに関しましては、レイソルを皮切りにいくつものプロクラブで選手としての経験がありますし、指導者となってからも育成年代の指導も経験していますしプロチームの指導もいくつものクラブで経験しています。彼自身の経験をぜひウチのクラブにもたらしてくれればありがたいなと思っています。

それから選手の方は、こちらに今8人の新加入選手がおります。一番大切なのは、今年は32名でのスタートを考えているんですけども、この32名の選手が日常から厳しい関係を築いてみんなが成長していけるかだと思っています。そういった部分において、新加入選手もそれぞれ戦いの中に加わってくれてチームの総合力を高めてくれると思っています。

また、あと一つ言うとしたら、今年はリーグの制度として外国人枠の変更があった関係も含めて、外国籍の選手をこれまで多く獲得しました。一緒にチームの上昇気流を作っていってもらえればと思っております。

次のページ

1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック