【サッカー人気3位】関根貴大が57本の居残りシュート練習を…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督「チャンスは作れたんですけど、取り切れるか取り切れないかの差が出た」/【J2第1節・水戸戦コメント】

■ 有馬賢二監督

「まずは本当に選手たちが自分たちのやるべきことを全力でやって入れたゲームだと思っています。お互いにボールを奪いに行く中で、自分たちがボールを奪いに行ってゴールに向かう姿はお見せできたのかなと。ただ最後のところで、チャンスは作れたんですけど、取り切れるか取り切れないかの差がちょっと出たのかなと。ただ、やろうとしたことは多く見えたので、これから選手たちとさらに積み上げていくことが大事なところかなと。

あと、やっぱりこの雰囲気で選手たちを鼓舞していただいたお客さんにもファンの方にもお礼を申し上げたいと思います」

 

――先発メンバーの中にレオミネイロがいなかったのは、コンディションの問題なのか戦術的な問題なのか?

「当然いろんなことがあるんですけど、まずは最初に出た11人が今現在の最大値ということ。組み合わせも含めて、レオはサブに入っています。ただもちろんレオはキレもありますしスピードもある中でゲームを決めるカギになる一人だと思っていました。実際に出ていってファーストタッチでヘディングのチャンスがあり、その後にボレーでチャンスもあった。あの辺が彼の良さでもあると思います」

――ハーフタイムに「やろうとしていることはできている」というコメントが出ていましたが、それは連動した守備というところでしょうか?

「そうですね。相手に時間を与えない中で、多少自分たちの右サイドのスライドが遅れて奪い切れず何回かチャンスも作られたんですけど、それ以外のところは自分たちが連動して前に奪に行くことができたのと、背後を狙いながら(スペースが)空いたところでしっかりと自分たちが保持しながらという運ぶ形はできたのかなと。そういう意味では前半は自分たちのリズムはもてたかなと思っています」

――ロングボールが多かったような印象がありますが、意図的だったのか?

「意図的です。開幕戦なのでどうしても選手たちは高ぶるものがありますし、相手コートでまずはゲームを進めていこうと。入りの何分ということをこちらで決めたんですけど、選手たちは本当に深いところを狙いながらやってくれた。前半の途中から相手が少し間延びしはじめてスペースもできはじめ、そこを使えたときはチャンスになったので、後半はそこも使っていこうと。一回ラインを下げさせるという意味で、そういう入りをしました」

――ボールを保持する中で崩しきれない場面もあったと思います

「センターは固めてくる相手でしたし、途中からはラフなボールを入れる回数も多かった。もうちょっと全体がいい距離間でボールを運べればよかったですけど、後半の立ち上がりに先に取られてしまったので、どうしても全体が間延びしてしまった部分があって、その中でどうしてもボランチがディフェンスラインの横で受けていい距離間で運べなくなってしまったので、そういう現象が出たのかなと。そういうことを考えると、もうちょっと全体がいい距離間で全体で運んでいく中で、中を見せながら外を見せたかった。何回か和樹が右をえぐったりヨンジェが右をえぐってチャンスになったと思うんですけど、もうちょっと慌てないで全体でボールを動かしながら突いていきたかったなと思っています」

――失点シーンを振り返って

「サッカーはどうしても自分たちの時間帯と相手の時間帯があり、前半を含めて自分たちの時間帯のときはある程度リズムができる中で、逆に相手に持たれる時間帯もあるし、自分たちの失い方が悪い時間帯もある中で、そのときに慌てずに人数が足りないんだったら最後は危険なところを抑えながら人に付かないといけないし、(失点シーンは)人数は足りていたんですけど、スペースマークにいってしまった部分がある。確認してみないといけないですけど、そういう意味では修正できるところかなと思っています」

――決定機は作っていましたが

「本当に『入った!』というチャンスはたくさんあったと思います。それは選手にも伝えました。そこは本当に一人ひとりが決める精度を上げていくが大事だし、チャンスを一回でも多く作ることによってゴールの可能性は増えてくるので、その回数を増やしていくことが大事かなと思います。手応えはあったゲームなので、勝点1はもらってもいいゲームだったと選手たちにも話をしています。それだけ選手はやってくれたと思います」

――セットプレーからのチャンスを生かしきれませんでしたが

「レオのヘディング、ヨンジェのヘディング、何回かはあったなと思うんです。そうは言っても当然相手も研究してくる中で、一個は取りたかったなと思っています。いいキッカーがいますので一個は取るっていうのは大事ですけど、チャンスはできていた部分があるので、さらに精度を上げていくとか、さらに相手を見ながら感じることも大事だと思っています」

――キャンプからチームを作ってきた中で、できたなと思うこと、できなかったなと思うことは?

「連動しながらボールを奪いに行く守備のところは自分たちの形としてできている部分は大きいかなと。攻撃のところで今日はまず背後に狙いにいった中で、自分たちがいい距離間じゃなくなったときに慌てることなく時間を作るというか、GKを含めてやり直すこともあってもよかったと思うんですけど、その辺の相手を見ながら意図的にボールを運べるようになってくるとさらにいいかなと。そうは言っても、できた時間帯とできなかった時間帯があったと思っています」

――開幕ということで選手たちの気持ちの高ぶりもあったと思います

「当然強い気持ちをもって選手たちは入った中で、本当によくやってくれたと思います。ただ長くリーグ戦が続いていく中で、一個一個自分たちができたこととできなかったことを、開幕戦という捉え方よりも42試合の1試合という捉え方をして、さらに積み上げていくことが大切だと選手たちと話をしました」

――来週もホームでの試合が続きます。来週までに修正するところは?

「これだけの熱い声援をいただいているので、ファンの方と喜ぶ勝点3を挙げる試合にしたいと思う中で、常にゴールを向かう姿勢は引き続き続けていく。さらにチャンスを多く作ることによって見ているお客さんも喜んでもらえると思いますし、1点でも多く取ることによってサポーターの方、ファンの方に喜んでいただけると思いますので、チャンスを多く作るための関わりとかフィニッシュの精度を上げていかないといけないと思っています」

――監督としてJ2初采配を終えられて、率直な今のお気持ちは?

「当然悔しいです。自分たちで積み上げてきて、決して悪いゲームではなかったと思うんです。すごく選手たちがやろうとしてくれて、ある意味自分たちのゲームだったところがあると思うんです。だからこそ、最後のところで取り切れなかった部分は僕と一緒で選手も悔しいでしょうし、この悔しさを忘れないで次に生かしていかないと思っています」

――ゲームキャプテンはどういう基準で選んでどういうことを期待しましたか?

「サッカーは当然自分たちの時間帯だけじゃない。自分たちのリズムじゃないときにこそ、みんなに叱咤激励できる、もしくはみんなに対して方向を示せられる。そういう意味で裕介は今日も後ろから声を出して鼓舞してくれたと思うし、リーダーとして引っ張ってくれたなと思います」

――今後もゲームキャプテンは変わる場合もありますか?

「そうですね。変わる場合もあります。その週を見ながら、一緒の場合もあるでしょうし、変わる場合もあると思います。裕介以外にも声を出しながら今まで以上にチームのためにっていうことでコーチングの声が多くできていると思っているので、さらにそういうリーダーが出てくることを望んでいます」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック