監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

「ファジラボ」寺田弘幸

金山隼樹「こうやって自分の想いとか持っているものをぶつけられる場があるってことはすごく幸せなこと」/【政田サッカー場直送レポート】

「ここでチームに勢いをもたらせたい」と金山隼樹は言う。1カ月前の天皇杯2回戦で好セーブを連発してチームに勝利をもたらした金山は、間違いなくその後の4連勝に貢献した一人だった。天皇杯3回戦も金山がチームのターニングポイントにしてくれるはずだ。シュートが多く飛んでくる試合になることは必至だが、「そういう試合は自分が求めている試合でもある」と腕を鳴らしている。

(取材日:8月12日)


(残り 1213文字/全文: 1402文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック