【サッカーパック人気1位】 守備の悪癖を改善できず3失点で敗れ、無念の降格決定。トップパートナーの…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督「うまくやろう、きれいにやろうとし過ぎた部分があった」/【J2第29節・町田戦コメント】

■ 有馬賢二監督

「ゲームの入りそのものは悪くはなかったんですけど、徐々にセカンドボールを拾えない回数が増えて、チャンスはあったんですけどそこで(得点を)取り切れなくてセカンドボールを拾う前に全体の距離間が少し広がってしまったかなと。先に幅を取ることを急ぎ過ぎてセカンドボールを拾えなくなった中で、おそらく一個目のピンチで取られたことでによって自分たちが慌ててしまった部分があり、後半の入りは自分たちがいい距離間でセカンドを拾って攻撃につなげていこうっていう入りで悪くなかったんですけど、その後に2点目を取られて全体が単調になって間延びしてしまった部分もあるかなと。そこ(セカンドボール)はベースのところでもありますし、それだけではないんですけど、自分たちで見直して次の戦いにつなげていかないといけないし、ベースのところはしっかりと見直す必要があるかなと思っています。

これだけのお客さんが来ていただいた中でこういう負けをしてしまったので、次はしっかりとホームで皆さんと喜び合えるように一個一個を選手と一緒にやっていこうと思っています」

 

――セカンドボールを拾えなかった要因は?

「一つは球際の部分ですね。ボールの奪い合いのところでウチの選手の方が倒れる回数は多かったですし、長いボールを町田さんが入れてきたときに、奪ってから広がらないといけないときに最初から全体が広がってしまっていた部分があるので、ボールがこぼれたところに密集していたのは町田さんだった。そこは後半に修正して多少は拾えた部分があったんですけど、きれいにやろうとしすぎたというか。ボールをしっかりと拾うことを考えるんであれば自分たちも密集しないといけなかったし、そのうえでボールをいい形で動かしながら幅を取っていくことが必要だったと思います」

――ボールが落ち着かず、奪ってもすぐロストにしてしまうところもありましたが

「やっぱお互いの距離が遠いので、サイドチェンジするにしても距離が遠かった。まずは自分たちが密集してボールを拾い、前向きのいい状態の選手にボールを預ける、それから広がって幅を取る、ということをしないといけなかった。逆に持たされて奪われるっていう形も多かったと思いますし、一緒に相手の土俵で戦いながらも、そこからいい状態で逃げていくことも必要だったなと思います」

――仲間選手を早めに交代した理由は?

「前半にちょっとアクシデントがあって。ケガで代えざるをえなかった部分があります。もちろんウチのストロングなところなので痛かったですけど、そういうことがありうるのがサッカーなので」

――前節に3-0で完勝した後、こういう形での完敗

「決して選手がサボっていたわけではないですけど、なんかうまくやろう、きれいにやろうとし過ぎた部分があったかなと思います。当然、理想のサッカーはあるんですけど、いつも言っているように相手のあるスポーツなので、泥臭くやってしっかりとボールを拾う、バトルで負けないということをしっかりとやり、背後を狙って間延びしてきたら自分たちがボールを動かしていく。そういう流れなんですけど、まずはセカンドボールを拾い切れなかった。バトルのところで甘さがあった。その中で背後を取っていくことをせずボールを動かそうとしてロストの回数が多くなった。理想のサッカーはあるんですけど、それをするためにはベースのところがまず必要だということを、さっきもミーティングで選手たちに話しました」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック