【サッカー人気3位】17分の興梠とGK梶川が交錯したシーン…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督『すごく楽しみです。いい競争が始まると思います』/【政田サッカー場直送レポート】

2020年最初の政田でのトレーニングは一時間以上に及んだミーティングからスタートし、冷たい風が吹きつけるグラウンドで2時間近く身体を動かした。

2年目の指揮を執る有馬賢二監督は『継続と進化』という言葉を用いて走り出している。「いい補強ができていると思います」。チーム編成の手応えは上々のようだ。

(取材日:1月13日)


 

■ 有馬賢二監督

――新シーズンが始まりました。今年のテーマをうかがえますか?

「言葉では『継続と進化』という言葉を使わせてもらっていますが、去年から積み上げてきたことを新加入の選手とも共有しながら、バリエーションを増やしてクオリティを高めていきたい。去年とやることは変わらず、本気で目標に向かってみんなでやっていこうという話をミーティングでもしました」

――その他にもミーティングで伝えられたことは?

「ファジアーノのクラブの一員として、このチームのことを自分のチームだと思ってやってほしいということですね。自分がやるべきことをやらないといけないし、仲間にも伝えないといけないし、このチームのためにピッチの内外でしっかりとやっていこうということと、積み上げてきたことを映像も見ながら確認しました」

――新加入選手たちに期待することは?

「チームのために自分のプレーや行動が伴っているか。そこをしっかりとやったうえで、それぞれがストロングをもっている選手たちなんで、そのストロングをチームのために出してほしいと思っています」

――今シーズンの目標を

「大きな目標は昇格です。もちろんその上に優勝というものがあるんですけど、まずは目の前の一戦一戦に勝つこと。勝つためには一人ひとりが成長しないといけないので、選手にはまず成長だということ伝えています。そのうえで一戦一戦を戦っていって常に昇格争いができるポジションに食らいついていく。その先に昇格があると思っていますので、一個一個成長しながら選手と一緒にやっていきたいなと思っています」

――新戦力は若い選手が多いですが、若い選手に期待していることは?

「パワフルだし、推進力がある。若い選手たちは怖さを感じる前に前へ向かっていくパワーをもっていると思っていますし、去年から経験のある選手がしっかりとチームを引っ張ってくれているので、そういう若い力が入ってきても十分に機能すると思います。怖さを感じずにチャレンジしてほしいということは今日も伝えました」

――ファン、サポーターに今シーズンはどんなサッカーを見せていきたいですか?

「僕らは去年にまず縦に速くチャンスを逃さないサッカーをしてきた。ボールを奪いに行く、奪ったら前へ行く。リーグの中で一番ロングボールが多かったんですけど、今季はそれを相手が阻止してくるのは間違いない。そのときに打開していくカードをもう一枚、もう二枚ともっていかないとプレーオフの入り口を開けられないし、昇格はないと思っています。バリエーションを増やしてボールをゴール前に運んでいくことをチームとしてやっていくし、個でもこじ開けていくクオリティが必要になってくると思っています」

――チーム編成の満足度はいかがでしょうか?

「いい補強ができていると思います。神戸のようにヨーロッパから選手を連れてくることができればいいですが、ウチの予算の中で去年からやってきたゴールへ向かっていくサッカーを表現できる選手が新しく入ってくれた。なので、すごく楽しみです。いい競争が始まると思います」

――仲間君と一森君がJ1クラブへ移籍していったことをどう受け止めていますか?

「僕は去年一年、個の成長をずっと求めてきた。その中で彼らが成長した結果、チームが上に行けなければ個で上に行く。僕はそれでいいと思います。そうしたら、また彼らに勝るようなヤツらが競争の中から出てくればいいし、そうなっていくことでチームは強くなっていくと思っています。ウチは決して潤沢な資金があるチームではないし、『岡山に行けば俺も伸びるんじゃないか』って多くの選手に思ってもらえるようになれば、それがこのクラブの強みになると思うんですよ。そういうことは強化部とも話をしてきましたし、できれば成長していく選手たちと一緒にJ1に上がれるようにしていきたいと思っています。今年も経験のある選手と若手が切磋琢磨しながら、下からいい意味で欲をもったパワフルな選手が出てくることがファジアーノにとって大事なことだと思っています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック