【サッカー人気2位】カテゴリーを越えた地域分割案はありうる…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督「結果が付いてきたことでさらに活気が出てくると思っています」/【J2第1節・金沢戦コメント】

有馬賢二監督

「開幕戦ということで選手も緊張するだろうし堅くなるというのは分かっていた中で、しかもちょっと風が強い中でのゲームで、特に前半は自分たちがもう少しボールをつなぎながら戦っていけたら自分たちのゲームになったんですけど、ロングボールでロストする時間が続いた前半だった。ただ最後の残り5分くらい自分たちでつなぎだして、自分たちはできるんだということを感じてハーフタイムに入ることができて、後半は風上の中でしっかりと相手を見ながらゴールにも向かいながらつないでいこうとして押し込んでくれた。セットプレー(からの得点)は自分たちで練習をしてきた形。金沢さんは攻撃の迫力もありましたし、守備の分厚さもあった中、最後に決め切れるかどうかはちょっとした隙の部分になる。そういう部分を意識してしっかりと自分たちで練習から積み上げてきた形でしたし、そういう意味では勝ちたいという気持ちを持ってやってくれたかなと思っています。

ただ一番はこの(スタジアムの)雰囲気だったと思います。この雰囲気を作ってくれたクラブの関係者もそうですし、足を運んでくださったサポーターの人たちが熱い声援を送ってくれたおかげで勝点3を取れたと思っています。内容はまだまだですけど、いいスタートを切れて彼ら選手たちと一緒にやっていける確信を持てている部分はあります。続けてやっていきたいと思います」

 

――昨季から選手も多く代わっている中で、この勝点3が持つ意味は?

「これから本当にいい競争が生まれていくと思います。新加入の選手も、去年の途中から入った選手も、去年一年間積み上げてくれている選手も、みんながフラットな状況でいい競争をしてくれている。デビューした選手もいましたが、みんなが俺のチームだと思ってピッチに立ってくれているし、結果が付いてきたことでさらに活気が出てくると思っています」

――プレシーズンに取り組んできたコンビネーションやサイド攻撃の手応えは?

「まだまだもっとできると思います。やっぱり緊張もあったと思うんで。ただ、意図を持ちながらやってくれたと思います。例えば最後の終わり方もそうですけど、自分たちが何をしたら勝点3をつかめるのかを考えながらやれている。ただ、もう一個余裕が出てくるともっと相手を見ながら判断していくことができる。それをやれる選手たちだと思っているし、サイドチェンジだったり、崩しだったり、その片鱗は見せられたと思います。だから後半は押し込めた。もっと精度も高めていかないと上位には食らい付いていけないと思っていますけど、こういうことをやっていくと自分たちが勝点3を取る確率が上がっていくことを覚えたかなと思っています」

――守備の部分について

FWに大きくて推進力のある選手がいて、スピードのある選手もいる金沢さんが相手だったので簡単ではなかったですけど、しっかりとチャレンジしてボールを奪いに行きながらやられないという守備をやってくれた。常に相手に余裕を与えない研ぎ澄まされた感覚を11人がピッチの中で持っていてくれたと思っています。代わった選手も含めて全員が持っていてくれたことは自分たちの強みだと思っていますし、去年からさらに良くなっていくと思います」

――新加入選手たちのフィット具合は?

「もう去年から一緒にいるような感覚でやってくれている。選手たちが本当に普段からピッチ内外で話をしてくれているんで、今日はいつも起用しているポジションとは違って松木を左、上門を右で起用したんですけど、得点が入ったんでいつも通りに変えようかなと思ったんです。ただ、選手たちがピッチの中でしゃべってコミュニケーションを取りながらやってくれていて水が漏れる感覚がなかったのでそのままいきました。去年に比べて僕が騒ぐ必要性は減ったかなと思います。少し声は枯れていますけど、よくコミュニケーションを取ってくれるようになっています」

――コロナウィルスの警戒が続く中で12千を超える観客が集まってくれました

「そういう中でもわれわれを応援してくれるサポーターの方々にこれだけ多く来ていただいた。こういう状況でも多くの方がわれわれを応援してくださるんだっていうことをミーティングでも伝えましたし、それだけ俺たちはピッチの中で戦う姿を見せないといけないんだってことも伝えました。クラブもそういう態勢を整えてくれましたし、プレーをさせてもらえたことに、こういう状況でも来ていただけたことに、本当に感謝しています」

――上田選手がキャプテンマークを巻いて出場し、CKから決勝点を生み出しました。彼に今シーズン期待していることは?

「彼の場合は多く言葉をしゃべるゲームキャプテンではないんですけど、本当にプレーで引っ張っていける選手ですし、今シーズンに彼は覚悟があるかなと思っています。去年は攻撃のところで良さを出してくれていた中で、さらに今年は守備のところでボールに食らい付いていくところを見せてくれている。今年34歳になりますが、それでも彼は成長したいという想いを持っていて、それを口で言うだけでなくピッチの上で見せてくれている。なので今日のゲームでキャプテンを任せたんです」

――前半も後半も風の影響は大きくあったと思います

「確かにありました。コイントスで前半に風上をとろうかなとも思ったんです。先制点も大事なゲームなんで。ただホームということでいつも通りの形で入っていったんですが、その中でもうちょっとやれたことがあったと思っています。後半は少し考えながらやってくれていたので、そこは次につながっていくと思います」

――得点シーンを振り返って

「セットプレーから4分の1くらいはゴールが生まれますし、特に拮抗したゲームでは大事になってくる。迫力を持って入っていくんだということはミーティングから伝えていますし、昨日の練習から選手たちがやってくれていた。偶然ではなく普段から政田でやっていることが今日のゲームで出たと思っています。サッカーはどんなにいいゲームをしていても、プロである以上は勝点3を取れるか取れないかが大きな差になってくる。選手たちが迫力を持ってゴールに向かってくれたおかげだと思っています」

――ハーフタイムにはどういう話をされたのでしょうか?

「ハーフタイムには、普通にやればぜんぜん自分たちの時間になる、自分たちのサッカーができるよって言って送り出しました。その理由と意思統一することを提示したんですけど、ボールをロストしていたのはロングボールを蹴っていたからだったんで、そうしなければ自分たちの時間になるよと伝えましたし、選手たちはそれを理解してやってくれたと思います。まだまだ質の部分でもっとできると思っていますけど、考えながらやろうとしてくれたと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック