【サッカー人気1位】M&Aのプロフェッショナルが…

「ファジラボ」寺田弘幸

『Jリーグ再開まで、できる限り配信していきます』

Jリーガーに新型コロナウイルスへの感染者が発表された。4月3日の再開を目指していたJリーグは先日にさらに1カ月の延期を発表したばかりだが、コロナウイルスの影響が終息する兆しを見せない今、はたしてJリーグは再開できるのだろうか。

スポーツを伝える側の人間の一人として、現在は本当に多くのことを考えさせられながら日々を過ごしている。

不要不急という言葉についても自分なりに考えてみたが、答えは見つけられない。重要なことも、急がないといけないことも、人それぞれで違うだろう。

スポーツはどうか。サッカーはどうか。その答えも僕には出せない。

Jリーグは多くの人々、本当にたくさんの人々の生活を経済的に支えている。選手、監督、コーチ、クラブスタッフたちはもちろん、スタジアムを管理する方々、ファンが楽しめるようにグッズを制作する方々、スタジアムで飲食を提供してくれる方々、試合を宣伝して伝えてくれる方々。挙げていけばきりがないほどJリーグは多くの人々の生活を支えているし、だからこそJリーグは魅力的なエンターテイメントを提供できているとも言い換えられるだろう。

僕のようなライターも、試合が開催されることによって生まれる経済圏で生計を成り立たせている一人だ。以前から試合が開催されてこそ成り立つ職業であることは自覚していたが、現在の状況と向き合うことになって、あらためて試合が開催されることの意味に気づかされている。

正直に胸中にある想いを吐き出せば、試合を今すぐにでも開催してほしい。そう思うけども、選手の健康をはじめ、試合に関わる方々の健康がなければ試合は成り立たない。ファジアーノの試合がある日常を楽しむことができるのもみんなの健康があってこそ。そのことを痛切に感じているし、今は新型コロナウイルスの影響が終息してくれることを願い、自分にできることを探していこうと思う。

4月も可能な範囲で取材を続け、リーグ再開に備えるチーム、選手たちの様子を伝えていきたい。そして、僕はもう10年間以上もリモートワークを続けている。どこもでも仕事ができる利点を生かして、Jリーグ再開までできる限り『ファジラボ』を配信していこうと思う。ファジアーノとは関係のないテーマも多くなると思うので、時間があるときにでも覗いてみてほしい。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック