「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】関戸健二『今日はぜんぜん痛みも出ていないんで、この調子でいければ』/【政田サッカー場直送レポート】

頼もしいMFが復帰に向けて着実に歩みを進めています。

9年目のシーズンはリハビリからのスタートになりましたが、30歳になった関戸健二はこれまでと違った一面を見せてくれるかもしれません。

本人はチームに後輩が増えても「僕自身は変わらないですけどね」と笑っていましたが。

(取材日:6月18日)


 

■ 関戸健二

――7か月ぶりに練習に合流している。今の状態はどう?

「徐々に良くなっている感じです。まだぜんぜんですけど」

――かなり動けている印象を受けたけど

「う~ん、自分的にはまだまだですね。もう痛みはなくなったんですけど、筋力的に足りていなかったり、まだまだです」

――恥骨の痛みには去年もずっと苦しんでいたと聞いたけど、いつくらいからだった?

「去年の5月くらいからはずっと違和感がありました」

――そんなに早くから! どんな痛みなんだろう?

「もうキックするのも痛いし、スプリントするときも痛みがあるし、ディフェンスのときのリアクションの動きが一番痛かったですね」

――そういう状況で試合にも出続けていた

「これまで膝のケガとかもありましたけど、去年は今までで一番きつかったかもしれないです。でも、サイドハーフをやるようになってすごい勉強になりました。サイドバックとの絡みとかも面白かったんですけど、やっぱりきつかったですね(苦笑)」

――治療は順調に進んだ

「もう、まず休息でしたね。休んでから様子を見ようっていう形で進めましたけど、もう痛みはなくなったんで良かったです」

――今日の練習を見ているとゲーム形式のメニューもできそうな動きだっただけど、今後のプランは?

「できるだけ早くとは思っていますけど、状態次第ですね。先週とか今週はあんまり状態が良くなかったんですけど、今日はぜんぜん痛みも出ていないんで、この調子でいければなと思います」

――かなりイレギュラーなシーズンになる今シーズンに向けて

「連戦も多くなりますけど、そういうときだからこそ自分のストロングの運動量が生きてくると思う。そういう意識を持ってやっていきたいです」

――若い選手がすごく増えてチームの雰囲気も変わったでしょう

「雰囲気はいいですよ。若いのが多いんでいっつも元気な感じですね」

――関戸君もかなり年上の方になったね

「そうですね~ 不思議な感じがありますけど、僕自身は変わらないですね(笑)」

 

* 有馬賢二監督のコメントも追記します *

――関戸君の状態はかなり良さそうに見えますが

「今は良くなっているんですけど、また必ずリバウンドは出ると思っています。ここでまた追い込んでしまうと疲弊してケガにつながってしまうんで、もうみんなと同じメニューをやらせたいんですけど、紅白戦には入れないで本人にも我慢させているし、こっちも我慢しているところです。これからリバウンドが落ち着いてきたら負荷も強めていきたい。三歩進んで二歩下がるっていうイメージから三歩進んで一歩下がるっていう状況になっていけばと思いますし、今はそういう過程を順調に進めている状況で、早い段階で戻ってこれる状態になるんじゃないと思います」

――関戸君が戻ってくれると、本当に頼もしい

 去年も41試合に出て主力として戦ってくれた選手ですし、チームがやろうとすることを理解してくれていて、ポリバレントにボランチもサイドハーフもFWもできる。寡黙な男ではありますけど(笑) 戻ってくれるとさらに層が厚くなる。楽しみにしている選手の一人です」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ