【サッカー人気2位】整理される前に勝っておきたい相手 AC…

「ファジラボ」寺田弘幸

『お互いをリスペクトして信頼関係を築くダブルボランチ』/【TM広島戦レポート】

 

20日に行われたトレーニングマッチ広島戦後に、チームの心臓部を任されている二人のボランチに試合を振り返ってもらった。

上田康太は久しぶりに90分間を戦い抜いた充実感を漂わせ、「最後の一週間に向けて、いい試合になった」と話す。

「自分たちがやろうとしていることができた部分もあったし、課題が出た部分もあった。1本目はファーストディフェンダーが決まらなくて、途中ではっきりとすることはできたんですけど、もっと早く対応しないといけないし、取った後に失うことも多かったので自分たちの時間を作れなかった。1本目は課題が多く出ましたけど、2本目は自分たちが積極的に前に行く回数を増やせたから、いい攻撃につながった。そこが僕たちの強みでもあるので、その回数を増やしていけるようにしたいですね」

パウリーニョは有馬賢二監督と二人で話し込んだ後に取材に応じてくれ、「今日は暑くて大変な試合でしたけど、非常にいい試合ができた」と納得した表情で話した。

(残り 1087文字/全文: 1505文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック