【サッカー人気1位】【直前インフォメーション】J2‐4[A…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】『スタメン発表!山口戦の3つのポイント』

 

■ ポイント①

松木駿之介vs高井和馬

プロ二年目の松木がリーグ戦初先発となり、マッチアップする高井和馬との攻防は今節の焦点の一つになります。一週間前のTM広島戦では右サイドを幾度も崩され、失点につながる場面もありました。守備面に課題を抱えていることは確かですが、豊富な運動量で攻撃面の魅力をどんどん出すことができればチームに大きな貢献ができるでしょう。ドキドキしながら見守ろうと思います。

松木駿之介『本当に自分にとってはワクワクする状況です』

 

■ ポイント②

パウリーニョvsヘニキ

重量級のブラジル人ボランチがピッチの中央でぶつかり合います。ミドルゾーンでのルーズボールの奪い合いは主導権争いに大きく影響することになるでしょうし、ヘニキからボールを奪うシーンを作り出せればファジアーノにとって理想的な展開。パウリーニョは大きな期待がかかります。

昨季は栃木でプレーしていたヘニキにはセットプレーから得点を許しています。セットプレー時に要警戒の選手でもあります。

『お互いをリスペクトして信頼関係を築くダブルボランチ』

 

■ ポイント③

ベンチにいる3人のFWの起用法

まだベストコンディションではない赤嶺真吾のベンチ入りも驚きましたが、齊藤和樹のメンバー入りは予想すらしていませんでした! 一週間前のTM広島戦で約一年ぶりに練習試合に出場したアタッカーは、まだ20分少々をプレーできたという段階。なぜ指揮官が齊藤をチョイスしたのか、試合が終わったら聞いてみたいと思います。

いずれにしても、5人交代制が関係してくるのでしょうし、5人交代できるのだから齊藤がピッチに立つ可能性も十分にあるでしょう。齊藤がチームに貢献できると判断したからこそメンバーに選らんだのでしょうし、齊藤も含めたFWの起用法は注目です。

齊藤和樹『僕らは本当にたくさんの方々に支えられているなと思った』

 

試合後に監督、選手のコメントを更新します!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック