【サッカー人気4位】東京に移籍した青木拓矢、開幕戦レッズ戦…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督「自分たちのミスから隙を作ってしまって失点して苦しい展開になった」+(濱田水輝、上門知樹)/【J2第7節・福岡戦コメント】

 

■ 有馬賢二監督

「選手が全員でボールを奪いに行ってくれた中で、ロングボールに対して最初はちょっと押し込まれる回数もあったんですけど、しっかりと身体をぶつけてセカンドボールを回収していく中で、焦れずに前半は進めたかったんですけど、自分たちのミスから隙を作ってしまって失点して苦しい展開になったかなと。そうは言っても前半の最後の方から後半にかけてはしっかりと自分たちでボールを動かしながら狙いをもって背後と間を狙ってくれた。最後のところを崩しかかるところまでは行ったんですけど、やっぱり最後のクロスの質だったりパス一本の質だったり、フィニッシュのところ。そういうところによってゴールは生まれると思いますし、そこを積み上げていけば大きな可能性のあった試合だったと思う。あれだけパワフルな福岡さんの攻撃を消しながら戦えましたし、ちょっとアクシデントがあってディフェンスラインの選手が二人急きょ代わった部分があった中でも、代わった選手が良さを出してくれたところもあるし、やれる部分を見せてくれた中で、まだまだコンビネーションとか足りない部分はあるんですけど、こうやって選手の層を厚くしていくことが今後の連戦に向けて大事なところだと、さっき選手とも話しました。次はホームに帰って二つを応援してくださる皆さんの前で戦うことができるので、力をもらって選手と一緒に勝利に向かって頑張っていきたいと思います」

――徳元選手と田中選手がベンチ外でしたが、どういった理由でしょうか?

「体調不良と経度のケガです。やり込んできた二人なんですけど、残念ながらピッチに立てませんでした。急きょだったんで非常に残念ですけど、そういう状況で二人は変更になりました」

――攻撃面について。ロングボールの攻撃は狙い通りだったと思いますが、地上戦の部分でなかなか連係が見られなかったと思います

「前半は距離間だったりタイミングだったり、縦へ入れるパスの角度だったり、その辺の部分が少し単調だったかなと。福岡さんのプレッシャーもあったんですけど。逆に後半はしっかりと動かしながら背後と間に入れることはできたと思います。特に左サイドは深いところまで入っていけたんですけど、最後のクロスの質や一振りするところで合わせるところだったり、もう一個合えば十分に後半は返せるチャンスがあったかなと。その辺の精度のところと、もちろんいい攻撃はいい守備からですし、後ろの安定したビルドアップが必要なんで、サイドから前へ運んで中と外を使い分けていく精度を上げていきたいなと。そこに対して連動していくという良さが後半は少なからず出せたところがあるんで、もう一個質を上げていくことが大事かなと思っています」

 

■ 濱田水輝

――今日の試合の守備について

「相手の外国人FWの選手の対応に苦戦して押し込まれる場面も多かったですけど、チーム全体としては前から行くことや相手のロングボールを弾けなかった後のセカンドボールに対しては試合前から意識していましたし、それなりにできていた部分もあったと思います。ただ前半はサイドからクロスを上げられたシーンがありましたし、失点もそこからやられてしまっているので、できていた部分も足りなかった部分もあったと思います」

――昨シーズンのいい時期に比べて、今のチーム状況をどう感じていますか?

「昨シーズンの終盤と比べると、やっぱりメンバーも代わって成熟度はまだ達していないかなと思いますけど、去年の第7節の辺りと比べたら、できていることは多いと思います。再開後はあまり結果が出ていないので響きにくい言葉になりますけど、確実に積み上げてきていると思っていますし、内容も少しずつ上向いている手応えがあるので、結果につなげられるように取り組んでいきたいと思います」

――次節に向けて

「連敗している状況なので、次はもう勝たないといけないっていう気持ちを前面に出して戦っていきたいと思いますし、この敗戦からしっかりと学んで積み上げていき、内容もそうですけど結果も得られるようにチーム一丸となってやっていきたいと思います」

――何が勝敗を分けたと思いますか?

「一瞬の隙だと思います。前半は比較的アビスパのペースで、後半はファジアーノがボールを握る展開で、後半はファジアーノも奥深くまで入ってチャンスを作ったシーンもあった中で、相手はしっかりと守り切ったのに対して、ウチは対応のミスが出てしまった。チャンスを決め切るか決め切らないかっていう少しの差だったと思います」

 

■ 上門知樹

――試合を振り返って

「前半は少し押し込まれた中で耐え切れずに失点してしまって、後半は奥まで押し込めましたし、最後の精度の部分があれば点を取れたかなと思います。前半の耐える時間帯に失点してしまったことがチームとしての課題だなと思います」

――後半はいい部分もありましたが、なかなか連係を見せられる場面は少なかったと思います

「間になかなかボールが入らずに、前に蹴ってセカンドボールを拾えれば良かったんですけど、拾えたり拾えなかったりで、あまりうまくいかなかったですし、間も徐々に使えていましたけど、もっとうまく使えたと思っていますし、あまり最終的には良くなかったのかなと思います」

――次節に向けて

「忘れると言ったらあれですけど、まずは一勝をしないといけないので、ホームですし、強い気持ちを持って戦っていきたい。攻撃の部分でいい部分もありましたし、しっかりと話し合って勝利に向かってやるだけだと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック