【サッカー人気2位】【追伸、森保監督】私のことは嫌いになっ…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督「勝点3を積み上げていくことが上位に行くためには必要なことだったので、それができずに非常に残念です」+(松木駿之介、濱田水輝)/【J2第23節・愛媛戦コメント】

 

■ 有馬賢二監督

「前からボールを奪いに行って愛媛さんに自由な時間を与えない入りができたし、試合を通してボールを奪いに行く感覚はすごく良かったと思います。奪った後、そこからゴールに結び付けることができれば一番良かったし、もう一個ボックス内に入っていくクオリティ、もしくは枠内に飛ばすシュートが増えていくと先に点が取れたかなと。その中で空いたスペースをカバーするとかクロスに対してしっかりとマークを付くとか、そういったとこは課題でもあって個別には話をしていたんですけど、全体でもう一回そこは改善しないといけないと思っています。

ただ、中2日の中で前からボールを奪いに行ってボールを動かしながらゴールに迫ったことは次につながっていきますし、最後に深い位置からクロスでチャンスを作れたことも。ボールをそこまで運んでいくと当然シュートチャンスは増えていくと思うんで、そこは継続してさらに上積みしていきたいと思っています。

ゴールを最初に取り切れず、あの時間帯に取られてしまったことが苦しくしてしまったかなと。ただ、もう次が中3日で来るんで、良かった部分をしっかりと継続しながら足りない部分を選手たちともう一回共有しながら次のゲームに向けてしっかりとやっていきたい。選手は中2日でしたけど全力でやってくれたので、しっかりとリカバリーして次に向かいたいと思います。

あと、サポーターの方が雨の中でも応援しに来てくださって、本当に一緒に喜び合いたかったんですけど、それができずに本当に残念です。次頑張りたいと思います」

――上位浮上のために3連勝したい試合だったと思います

「その通りです。J2はどの相手ともそんなに差がない中で、やるべきことをやって勝点3を積み上げていくことが上位に行くためには必要なことだったので、それができずに非常に残念です」

――失点の場面はゴール前でフリーの選手が何人かいる状況だったと思います。田中選手や椋原選手が途中から入ってきた影響もあったのでしょうか?

「う~ん、一つのミスだけではないと思います。(クロスを)上げられたところのミスは他の試合でもあったのでそこはもう一回共有しないといけないし、中のマークのところは個別では話をしていたんですけど、もう一回チームで共有しないといけないと思っています。人数は足りていたはずなので、マークを背中に置かないとか、そういうところ。こないだのゲームでもそこで何回かピンチがあったので個別では伝えていたんですけど、しっかりとチームで共有したい。練習する時間がそんなにあるわけじゃないですけど、ミーティング含めて全体で共有しないといけないと思っています」

 

■ 松木駿之介

――久々のスタメンでしたが、試合を振り返って

「自分の良いところである前への推進力だったり、サイドをえぐるプレーをどんどん見せていこうっていう気持ちで入ったので、そういった場面をいくつか作れたところは良かったところかなと思っています」

――チームとして得点を奪えなかったことについて

「特に後半の立ち上がりからはセカンドボールを回収して相手を押し込む形はできたんですけど、最後のクロスの質であったり、そういうところを上げていかないと得点は生まれないなと感じました」

――今日の試合の個人的な評価は?

「自分の良さはけっこう出せたと思っていますし、今後につながる試合になったかなと思っています」

――交代は足が攣ったのでしょうか?

「そうですね。後半の途中にすねを打撲してしまって、そこから足首が固まった状態で走っていて攣ってしまいました」

――次の試合に向けて

「連戦でチームメイトがずっと走っている中、こういう形で僕が代わってしまって負けてしまったので責任を感じていますし、またすぐに試合が来るのでそこで取り返せるようにやっていきたいと思っています」

 

■ 濱田水輝

――試合を振り返って

「お互いにそんなに多くのチャンスはない中で、我慢強く戦ってどっちが最初に取れるかなという拮抗した展開だったと思います。その中で最後にやられてしまった、という試合だったと思います」

――失点の場面はどのあたりが原因だったでしょうか?

「相手にボールを持たれてウチの左サイドで後手を踏んで相手にフリーで抜け出され、最終的にクロスを上げる選手をフリーにしてしまった中で、中でのディフェンスラインの対応も完ぺきではなかった。最終的には自分の局面のところで防がなければいけなかったし、悔しいです」

――相手が中3日だったのに対して、ファジアーノは中2日でした。その影響もあったでしょうか?

「それが出たとは思っていないですけど、今日の試合はいつもよりちょっと前から取りに行く強度がなかったなと思いますし、攻撃のときに前へ出ていく推進力も、個人個人で発揮できているところもありましたけど、チームとして見たときにちょっとパワーが足りないように感じました。ただ、それが中2日のせいだとは感じていないです」

――すぐに次の試合が来ますが、どのあたりを修正して臨んでいきますか?

「今一度、自分たちのベースに立ち返って球際のところをもっと厳しく求めていかないといけないです。局面の細かいところを突き詰めれば危ないシーンも未然に防げると思うので、そこを徹底してやること。あとはディフェンスラインのマークの付き方、連係のところ。どこを消してどこでチャレンジするかをもう一回はっきりさせて次の試合に臨みたいと思います」

――愛媛が後半に選手の並びを代えてきたことで対応が難しくなりましたか?

「う~ん、パワーある選手が入ってきたこともありましたけど、相手の攻撃に怖さを感じたというよりも、こっちがボールを持ったときに(相手の)前からのプレッシャーを強く感じたので、それで自分たちが思うようにボールを運べなくなった。それが相手がペースを握りはじめる一つの要因だったのかなと思います」

――試合終盤に左サイドで劣勢になりましたが、まずいぞ! っていう空気は感じていましたか?

「はい。失点の前にも同じように左サイドから危ないシーンがあって、そこで自分は発信したつもりだった。『緩いからもっと厳しくいかないといけない』って全体に発信したつもりだったんですけど、結果的に同じような形でやられてしまったので、甘さを痛感しています。もっともっとやらないといけないと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ