【サッカー人気5位】【西部謙司の移籍通信簿】川崎F&ガンバ…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督「本当にみんなで喜び合える勝点3になった」+(徳元悠平、喜山康平)/【J2第32節・町田戦コメント】

 

■ 有馬賢二監督

「本当に選手たちが勝利への執念を持って戦ってくれたなと思います。町田さんの激しいプレスからのカウンターとロングボールからのセカンドボールを奪い合うバトルっていうのを前回の対戦も含めて予想できていた中で、それをしっかりと選手が逃げずに戦ってくれた。自分たちがやりたい攻撃を少し我慢しながらも、相手の背後をしっかりと狙いに行くことで(町田の)プレッシングを前半は抑えることができて、なかなかボックス内に入っていく回数は少なかったですけど、それでも相手の矢印を自分たちのゴール側の方向にさせることによってゲームをコントロールすることができたかなと。

その中で、バトルしながらセカンドを拾いながら戦っていけば必ず隙は出てくるので、そこをしっかりと狙いに行く。サイドを揺さぶりながら中と背後を狙っていく中で、我慢強く戦っていき、最後に入れた康太も含めて全員で点を取りに行った中で、全員でどこにこぼれるのか予測と反応を早くして常に相手より上回っていこうという中で、しっかりと予測して準備してゴールを取り切ってくれたと思っています。こないだのゲームは点を取った後に受けてしまった部分もあったんですけど、最後をしっかりとクローズしてくれたと思いますし、クラブのスタッフが準備してくれ、応援してくれる方々の声援がある中で、勝点3を取れて良かった。本当にみんなで喜び合える勝点3になったなと思っています。

次はまた中2日ですけど、今日の試合を休ませられた選手もいるし、また全員でやっていきたいと思います。スタジアムに足を運んでくれた皆さんに感謝したいと思います」

――前節は隙を見せてやられてしまいましたが、今日は非常に守備の集中力が高かったと思います。どういう声を掛けて今日の試合に臨みましたか?

「今日はバトルになるよ、と。当然、戦術もあるんですけど、球際や切り替えやセカンドボールのところで相手よりも遅れると持っていかれてしまう。しっかりと自分たちでボールを回収したうえで、相手の土俵で逃げずにしっかりと戦ったうえで、ボールを保持したときにどうボールを運んでいくか。相手の矢印が前に来ているのか構えているのかをしっかりと見ながらプレッシャーを外していこうと。そういう中で、選手はしっかりと戦ってくれたと思います。まだまだ彼らだったらやれることがあるし、まだまだ上げていかないといけないんですけど、逃げずに戦ったところが今日は大きかったなと思います」

――田中選手のコンディションが非常に良いように感じますが、いかがですか?

「裕介もそうですけど、選手一人ひとりが意識を高く持ってリカバリーをしてくれているし、コンディショニングコーチの矢野さんを含めて、うまくリカバリーできていると思います。一昨日は思い切って休みにしてコンディショニングを重視していますし、選手がしっかりと意識を持ってやれている。良い状態でやれていると思います」

――最後のゴールを決めた徳元選手の評価は?

「他の選手もそうですけど、トクは特に勝利への執念を持っているし、常に100%で戦う選手で、その準備もしている。そのうえで当然、質がある。最後のシュートもやっぱり枠に飛ばしていないとゴールは生まれないし、偶然じゃない。トクもあそこにこぼれてくると予測していたし、あそこにいれた康太もそうだし、全員があきらめずに予測をして準備をしていた。もしシュートがこぼれたとしてもヨンジェだったりがつめていたんで、そういう意味ではしっかりと意図を持って勝ち取った勝点3だし、ゴールだと思います。トクは良い準備をしていた一人だと思います」

 

■ 徳元悠平

――素晴らしいゴールでした。ゴールシーンを振り返って

「まずシュートを打つまでに、『俺のところに落ちてこい!』っていう想いでセカンドボールを狙っていましたし、シュート自体は振り切ろうってことだけを考えてましたけど、その結果、相手に当たって入った。入ったシーンは見えなかったですし、みんなが喜んでいるのを見て入ったんだ! ってわかったくらい必死でした」

――近くにも他の選手がいる中でシュートを選択しました

「自分の左側にちょっとスペースがあることがわかっていて、そこにしっかりとトラップできればシュートを打てるなっていうことはセカンドボールを拾う前からわかっていたんで、後は気持ちで押し込めたかなと思います」

――前回に徳元選手がゴールを決めた長崎戦は負けてしまいましたけど、今回は勝ってサポーターの声援も一層大きく、ヒーローインタビューも受けることができましたね

「やっとあの位置に行けてうれしかったですし、いざ、あそこに行くと頭が回らなかったですけど、インタビュー中のみんなの声援が聞けてうれしかったです」

――守備面では無失点で終えることができましたが、どういうことを意識していましたか?

「自分のところからやられないってことは毎試合、思っていることですけど、ここ数試合は対人の場面で負ける気がしない。自分の間合いに持っていけている分、負けていないのかなと思うので、そこは継続していきたいです。水輝君を中心に声を掛けてやれているところが無失点に抑えられた一番の原因なのかなと思います」

――次節の長崎戦に向けて

「今日は前半も後半もFWに入った後にあともうワンテンポ、サポートが早ければ前に行けるシーンがあった。後ろからどんどん出ていく攻撃を見せられたら上位を相手にも勝てると思います」

 

■ 喜山康平

――試合を振り返って

「少し全体的にはバタバタしたゲームになったと思うんですけど、後半は少し相手も運動量とかが落ちてきた中で、攻めていく時間ができるのかなと思っていましたし、実際にピンチはそこまでなくて、オフサイドになったピンチはありましたけど、それ以外はあまりなかったですし、最後はみんなの力がゴールを生んだかなと思います」

――0-0で進んでいく中でサポーターの拍手がすごかったと思います

「そうですね。千葉戦のときもすごく感じましたし、今日もすごく感じました。今年はこういう大変な中でもたくさん来てくれて、サポーターのためにも勝てて良かったなと思います」

――長いリハビリを経てピッチに立っています。どういう感情がありますか?

「試合が恋しかったのですごく幸せに感じています。まだ出場時間はそんなに長くないですけど、たくさん出たいっていう気持ちでいるので、また明日から良い練習をして良い準備をしていきたいと思っています」

――身体は痛みもなく良い状態ですか?

「はい。大丈夫です」

――チームとして前節の京都戦から修正できた部分はどう感じていますか?

「ゲームの種類がけっこう違うので難しいところはありますけど、きれいに勝つとか、内容も結果も伴うっていうことはずっとできるものではなくて、今日の試合は狙い通りに進められているかというとそうでもなかったと思いますけど、それでも勝っていくことが大事。そういう試合でも勝ちを拾っていけるチームが強いチームだと思っているので、そういう意味で今日の試合は良かったなと思いますし、もちろん内容も結果も追求していきたいです」

――次の長崎戦に向けて

「順位を一つでも上げていきたいですし、相手が下の順位だろうが上の順位だろうが、どの相手でも勝ちたいので、この良い流れをしっかりとアウェイにも持ち込んで、みんなで勝ちにどん欲になって戦いたいと思います」

――千葉戦に続いてホームで劇的な勝利になりましたが、何か要因として感じることは?

「自分はその2試合でラスト15分くらいのところからピッチに入りましたけど、例年に比べてこっちも相手も体力的にガクッときている感じがあるので、そういう中でミスを少なく最後までできるかは大きいなと感じていますね。今日はトクのシュートが相手に当たってコースが変わって入りましたけど、あれも吹かしていたらゴールはなかったと思う。ああいう時間帯でも低いシュートを打てたから相手に当たってゴールになったと思うんで、技術的な部分を追求していくことが、こういう連戦での差になるのかなと思います。あとはホームの雰囲気ですね。サポーターの皆さんが手拍子だったりで雰囲気を作ってくれているので、ピッチの中でも行ける、何か起きるんじゃないかっていう雰囲気を感じながらやれています」

――今年のチームは苦しい時期もありましたが、そのときを外から見てきて、チームは今どういうところが良くなってきているでしょうか?

「攻撃のところの幅は少し広がってきたのかなと思いますし、安定感という部分をもっと上げていかないといけないと思っています。あとは、出場機会の少なかった選手も徐々に絡んできていて、今はケガ人もだいぶ戻ってきて、去年に比べて選手層はあるのかなと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック