J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】原靖強化部長、有馬賢二監督、嶋将平コーチ、奥村拓真フィジカルコーチのコメント【2021 新加入会見】

原靖強化部長

皆さん、こんにちは。お世話になります。日頃の応援ありがとうございます。今シーズンもよろしくお願い致します。

本日はこのような機会を設けていただきありがとうございます。ご視聴いただいてありがとうございます。ここに精鋭の9名が揃ったわけなんですが、いよいよスタートだなという感じで今日から始まっています。有馬監督の方からも全選手へ向けてミーティングをしていただき、いよいよだなという感じになっております。

今回、補強して加わってくれた精鋭たちなんですが、今シーズンに選手やコーチを補強していく上で何を大事にしたかと言いますと、もう一度『岡山らしさとは何なのか』『岡山とはどういうサッカーをしているのか』『どういうサッカーをしてきたのか』ということに立ち返りました。これまでの先輩たちがどのような苦労してきて、どのようなサッカーをしてきたのかということに立ち返りました。

岡山と言いますと、皆さまが思い浮かべるのはハードワークとか攻守の切り替え、最後まであきらめない勤勉性、球際の強さといったところだと思いますが、ここにいる有馬監督を含め現場のスタッフがもう一つ大事にしていることは、状況判断ができる選手、固有の武器を持っている選手、ポリバレント性を持った選手、というところです。これらも重視して岡山らしさを追求すると同時にアップデートをするような面々をリクルートさせていただきました。

何分、若い面々ではあるんですが、それぞれが岡山らしさプラス、状況判断が優れたところや固有の武器やポリバレント性を持った選手を揃えましたので、よろしくお願いします。今年は非常に厳しい戦いにはなると思うんですが、残ってくれた素晴らしい選手たちにプラスして新しい仲間たちが加わるので、最後まで応援をよろしくお願い致します。

――今回、足りない部分があるとすればどのような選手で、シーズン中も獲得を目指しますか?

既存の選手たちは本当に岡山らしさを体現してくれたり、その他にアップデートしたい部分を満たしている選手が残ってくれました。昨年よりわれわれもそういった部分を徐々に考えつつ選手を補強してきたわけなんですが、今年は主力の選手が残ってくれ、今回加入してくれた選手もそれを満たすような選手が集まってくれているので、まずは現状の選手の能力をリスペクトして、その上でシーズン中に。42試合あって何があるかわかりませんので、有馬監督の方とも相談しながらいろんなことを想定していきたいと思います。

 

有馬賢二監督

こんにちは。今年3年目の監督をさせていただきます有馬です。今年もよろしくお願いします。

昨年は皆さんとスタジアム、もしくは政田で一緒に共有する時間がコロナの影響で少なかったですが、その中でもいつもサポートしてくださりわれわれの背中を押してくださった中で、今年も引き続き、サポートしてくれる皆さま、サポーターの皆さま、メディアの方々も含め、よろしくお願いします。

大きいところは継続していきます。当然アグレッシブに攻守に全員がハードワークする。それは2019年からやってきたところで、昨年も前からボールを奪う部分に関してはリーグ全体の中でも5位。高い位置で奪うことは継続しながら、奪った後の質を上げながら、昨年の2020年にトライしたビルドアップのところ、ポゼッションのところは、いろいろ試行錯誤をしてきて中盤戦以降は若い力や新しい組み合わせをトライして見えた部分が多くありますので、これまで2年間、もしくは1年間を一緒に戦ってきた選手と後ろにいる新しい選手の力を融合させていきたい。情熱を持って高い温度で混ざり合っていけるようにしたいと思います。

しっかりと積み上げをしていく中で、昨シーズンは得点が多く取れなかったので、前に行くチャンス、ボックス内に入っていくチャンスを逃さないようにしたい。そういうチャンスを作り出せるように、もしくはそういうチャンスを作り出すための守備や組み立てのところで、さらに期待できる選手が加入してくれたと思っています。

さらに上に行くためには高いレベルでの競争が必要だと思っています。去年も最後の残り10試合になって上に行けるか、下に吸収されるのかという中で、もう一個競争が足りなかったですけど、競争ができる選手が今年は加わってくれたと思っています。大いに期待していますし、皆さんの熱い応援でさらにここにいる選手と継続して岡山で戦う選手の背中を押していただけたらと思っています。今年もまたよろしくお願い致します。

――今シーズンに目指したい勝点や順位など、具体的な数字の目標を教えてください

まずは当然、チームとして大きな目標のJ1昇格を目指します。ただ本当に険しいリーグになると思っています。もちろん数字は毎年変わるんですけど、必ず上位に食らい付いていきたい。そのためには得点。失点と得点はバランスが常につきまとうもので、必ずどちらかが優先されるべきではないんですけど、勝つためには絶対に得点が必要ですし、得点が60以上は必要だと思っています。その中で失点をどれだけ抑えられるか。やってきたことを継続していく中で、自分たちからミスしてしまうもったいない失点も多々ありましたので、その辺をしっかりと抑えながら得点を入れていく。その中で勝点については、選手にも今日話したんですけど、例年と違うのはJ1から2チーム降格してきていないので例年以上に混戦なると思っていますし、そういう意味で上位に常に食らい付いて推移していくことが大事なのかなと思っています。

得点は60以上が必ず必要になってくると思っていますし、勝点はお互いを見ながらになる中で目の前の一個一個でしっかりと積み上げながら、J1昇格を選手たちとスタッフと皆さんと一緒に目指していきたいと思っています。

――7人の選手が新たに加わりますが、補強の手応えは? 彼らにはどんなことをチームにもたらしてほしいと思っていますか?

先ほども軽く触れさせていただきましたけど、本当に今必要なピースです。自分たちが目指す全員攻撃、全員守備をしていくためにハードワークしていく中で、例えば守備の部分であれば、全員が走れなきゃいけないし全員が切り替えをできなきゃいけないですけど、今後ろにいる選手はGKも含めて全員が攻守にアグレッシブに動けて、考えられて、テクニックもある。若い選手が多いので経験が必要になってきますけど、その経験するためには競争の中で自分で勝ち取っていかないといけない。そういう中で成長していくと思いますし、そのパワーを非常に期待しています。十分に大きな可能性がありますし、競争することによってJ1昇格であったり優勝であったりが見えてくる。大いに期待しています。

 

嶋将平コーチ

こんにちは。今シーズン、コーチとして岡山に加入することになりました嶋将平です。まず有馬監督の目指すサッカーをいち早く理解し、選手がピッチの中でゴールを奪いたい、ボールを奪いたい、勝ちたい、っていうところを本能的に動けるように、日々努力を惜しまず毎日やり残したことがないか自問自答しながら戦いたいと思っています。よろしくお願いします。

 

奥村拓真フィジカルコーチ

こんにちは。今シーズンよりフィジカルコーチを務めさせていただく奥村拓真です。まず最初にこのような情勢の中で様々な方の支えがあってこうやってスタートできることに本当に感謝しています。ありがとうございます。私自身、クラブに在籍して4年目になります。クラブの理念であったりいろんなことを理解した上で、このような立場で戦わせていただけることに本当に感謝していますし、身の引き締まる想いです。フィジカルコーチとしてフィジカルの観点から選手を手厚くサポートしていけたらなと思っています。引き続き今シーズンも温かいご声援をよろしくお願いします。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ