見えてきた?今年のJ2勢力地図(J論)

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】【子供たちに夢を!】『岡山のみんなに愛されるクラブになってほしい。そのために何か私も力になれないかなって思います』【ファジアーノの話をしよう】

2009年にJ2に参入してから、2021年で13年目のシーズンを迎えます。
ということは、2009年に生まれた子たちが今年で12歳になります。8歳だった少年、少女が二十歳になるんです。
(まだ20代だった寺田も、今年で41歳になります。。。)

時が経つのは恐ろしく早いものですが、言いたいことはそういうことではありません。

『子供たちに夢を!』という理念を掲げて活動してきたファジアーノは、子供たちに夢を抱いてもらうことができているのでしょうか?
ここで今、考えてみたいと思ったんです。

2020年をもってファジアーノを去ることになった三村真が、こんなことを話していたことも、この企画を思い至る要因になりました。
「『子供たちに夢を!』っていうのがファジアーノにとって本当に一番大事なことだと思うけど、そこを本当にやれているのかって言われると、今年のチーム(2020年)は胸を張ってやれていると言えるチームではなかったと思う。そこを選手もスタッフもみんなで強い想いを持ってやってほしい」

でも、『子供たちに夢を!』って何なんだろう?
どうやって考えていけばいいのかわからないので、子供だった頃にファジアーノとかかわりをもってきた人々に直接話を聞かせてもらうことにしました。


『岡山のみんなに愛されるクラブになってほしい。
そのために何か私も力になれないかなって思います』

 

ななこ

サッカーをやっていたお父さんと一緒に初めてスタジアムに行き、選手たちの優しさに触れてファジアーノにハマった。Jリーグに参入する権利を勝ち取った2008年11月30日。富山の地にもいたという。

「お父さんとバスのツアーで行きました。あの日のことはすごく覚えています。めちゃくちゃ寒くて途中でヒョウが降ってきたり、その後に虹が出たり、玉ちゃんがオウンゴールしたり(笑) 最後に選手とサポーターのみんなで撮った集合写真に、私はお父さんに抱っこされて写っているんです。もう恥ずかしすぎますよ(笑)」

昨日のことのように蘇ってくる記憶。「ファジに出会えて本当に良かった」と話すななこさんは今、新しい夢に向かっている。

 

いつもお父さんと一緒に

初めてファジの試合を観に行ったのは中国リーグのときでした。お父さんがサッカーが好きで「一緒に観に行こう」って誘ってくれてのがキッカケで、そのときはファジの試合が楽しかったというよりも、お父さんと一緒にお出かけするのが楽しかったんだと思います。私、小さい頃からずっとパパっ子なんですよ(笑) それからもお父さんと二人で一緒に試合を観に行くようになったんです。

JFLだった2008年のシーズンがすごい楽しくて、ファジにハマっちゃいました。お父さんがファジのTシャツを買ってくれて、それにアイロンで背番号をプリントしてオリジナルのTシャツを作ってくれたんです。それを着て試合に行けるのがうれしかったし、試合もずっと勝っていたし、当時は選手たちとファンの距離もすごく近かったんです。私は小学生でしたけど、試合後や練習場で選手がすごく優しく話してくれた。私にとってはそれがすごく大きかったです。夏休みにはお父さんと二人で練習の見学に行っていました。財田、灘崎、神崎山に通いつめてましたね(笑)

妹尾選手の顔がタイプだった
すごく優しかった すごく泣いた

当時に好きだった選手は武田英明選手と妹尾隆佑選手です。妹尾選手はとても好きで、ずっと追い掛けていました(笑) 何よりも妹尾選手の顔がすごくタイプだったんです。小学生にしては見る目があったと思いませんか?(笑) ワイルドで、スピードのあるドリブラーでカッコいいし、妹尾選手のファンサービスの対応がめちゃくちゃ良かった。すごく優しかったんです。

本当にずっと好きだったから、引退するって知ったときはすごく泣きました。ケガに悩まされていることは本人からも聞いていて、「もしかしたら・・・」っていう話も聞いてましたけど、まさか本当に引退するなんて思っていなかった。クリスマスの時期にとんでもないプレゼントが来ましたよ(笑) 本当に自分でもビックリするくらい泣きましたね。

だから逆に復帰することを知ったときも、めちゃくちゃうれしかったです。そんなこと普通はないじゃないですか。もう一回、妹尾選手のプレーが見れるなんて思っていなかったら、すごくうれしかった。

今でも私、スタジアムに行くときは妹尾選手のユニフォームを着ています。妹尾選手が引退してからもスタジアムに行くことをやめようとは思いませんでした。妹尾選手を超えるくらい好きになった選手はいないんですけど、大好きな妹尾選手に「ずっとファジアーノを応援してね」って言われたのでもうファジをずっと応援しちゃいますよ(笑)

少し離れてあらためて気づいた地元クラブの良さ

高校を卒業して神戸の大学に進学しました。だからちょっとファジとの距離ができた感じはありましたけど、関西であるアウェイの試合は観に行きましたし、夏休みに岡山に帰ってきたときも観に行っていたので、まったく離れてしまったわけではないです。神戸に進学したのでヴィッセル神戸がありますし、関西には他にもJ1のチームがあるじゃないですか。サッカー観戦が好きなのでけっこう観に行ったりしてましたけど、そのときに思うのがやっぱりファジのスタジアムの雰囲気が好きだなってことでした。私が小さい頃から知っているサポーターの方も多くいますし、本当に温かい人が多い。離れてあらためて地元のクラブが良いなって思いましたね。

卒業旅行もファジアーノ

大学の卒業旅行も兼ねて、アウェイのFC琉球戦に行ったこともすごく良い思い出です。私がファジに誘ったらハマってくれて小学生の頃から一緒にファジを観に行っていた幼馴染の子と、ファジを通して知り合った友達と3人で行ったんですけど、もう、めちゃくちゃ楽しかったんです。ゲームは快勝ですごく幸せでしたし、3泊4日で沖縄も満喫しちゃいました。海に行ったり、ステーキを食べたり、パイナップルパークに行ったり。本当に良い思い出ですし、そのときに対戦相手だった上門選手と徳元選手には勝手に縁を感じてます。

これからもずっと関わっていきたい

私はファジに出会って本当に良かったなって思います。なんで自分がこんなにサッカー観戦に興味を持ったのかはわからないし、ずっと選手たちが自分より年上だったので選手たちはお兄ちゃんのような感覚だったのに、今は自分と同い年の選手だけじゃなく年下の選手までいる。それがすごく不思議な気持ちで、自分も年を取ったんだなって思うと嫌になっちゃいますけど、ファジとはこれからもずっと関わっていきたいです。J1にも上がってほしいし、もっと多くの方々にファジに興味を持ってもらってスタジアムに足を運んでもらいたい。岡山のみんなに愛されるクラブになってほしい。そのために何か私も力になれないかなって思います。

大学時代にはヴィッセル神戸でアルバイトをしていて、VIPエリアで外国人のお客様をご案内する仕事をしてあらためて語学の必要性を感じ、今も少しずつ勉強しています。できれば大好きなサッカー関係のお仕事にも挑戦したいと思っています。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック