【サッカー人気4位】リカルド監督が3連勝で攻撃面でも改善の…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】『2021年のキャンプ』【コラム】

もう何年目になるんだろう、この時期にキャンプの取材で宮崎に来るのは。

ナビなしで大半の場所に行けるくらいだし、毎年足を運ぶのが楽しみな焼鳥屋さんがあったりして、宮崎は僕にとってすごく馴染み深い土地の一つになっている。この時期の宮崎はすごく活気があるし、なぜか焼酎をロックで吞みたくなる、不思議な魅力を放つ街でもある。

繁華街に自然と足を向けたくなっちゃうんだけど、キャンプ取材はけっこうハード。午前と午後の二部練習が普通だし、トレーニングマッチも45分が3本や4本ある。フリーランスの僕としては、遠征費を捻出している分「キャンプの取材に行くので原稿を書かせてください!」と各方面にお願いして出掛けるから、けっこうな仕事量になる。そう何度も繁華街に出掛けるわけにもいかない。

にもかかわらず、各チームの担当記者や関東のメディアの方々と取材現場でばったりと会ったりして、「今晩メシでもどう?」って話になる。同業他社の方々と夜な夜なコミュニケーションを取れることもキャンプ取材の楽しみの一つだから、二つ返事で「行こ!」ってなり、焼酎をたっぷりといただくことになる。

日中は取材。原稿を書き上げ、繁華街へ。

僕も若かった頃は毎晩のように呑み歩いていたけど、僕はもう5年以上も前から宮崎駅から一駅はなれた南宮崎駅の近くのウィークリーマンションに泊まるようにしている。

驚きの安さ! っていう理由も大きいけど、吞みに誘われたときに「僕ちょっと離れたところに泊まってるんですよ。仕事もあるんで遅くなりそうです」って、断りやすくなった。この昨戦が本当に気に入って、もう毎年、年が明ける前からウィークリーマンションの部屋を抑えるようになった。

そうは言っても例年は何度か繁華街まで足をのばすんだけど、今年は繁華街に出ることは控えている。万が一クラブに迷惑をかけるようなことがあってはいけない。そう自分に言い聞かせているんだけど、繁華街まで距離があるから誘惑されることもない。また今年も「南宮崎作戦」は大成功である。

そんなわけで、キャンプ中に面白いことはまったく起こっていないんだけど、キャンプ中にどんな過ごし方をしているか気になっている方もいるのかなと思ったので、ここまでのタイムスケジュールをざっと書いてみた。

 

4日
22時過ぎに出発。車移動は大変なんだけど、荷物をたっぷりと積み込めるところは大きなメリット。枕、毛布といった寝具や加湿器も積み、トランクケースいっぱいに衣服をつめ込んで岡山を発ち、この晩は関門海峡が見える壇ノ浦で休息をとった。

5日
太陽が昇り始めた頃に起き、歯を磨いて出発。この日は鹿児島の指宿でキャンプをスタートするサンフレッチェ広島を取材するので、お昼には指宿に着きたい。焦る必要はないけど、あまり長い休息を入れずに高速道路を走行した。12時くらいに指宿に到着。ジョイフルで食事をとり、選手名鑑の原稿に少し追加があったので仕上げた。16時前にサンフレッチェがキャンプを行う練習場所に到着。今年初めてサンフレッチェを取材し、19時前にホテルへ到着。ローソンで買って帰った食べ物とビールで簡単に食事をすませ、さっさと風呂に入り、22時前には寝る。

6日
この日は11時からサンフレッチェと松本山雅のトレーニングマッチを取材。さすがに7時くらいに目が覚めたので、近くにあったガストでパソコンを開いて少し仕事をしてから取材へ。サンフレッチェは今年から[4-2-3-1]へシステムを変えている。そのメリットを探しながらトレーニングマッチを見ていき、途中で宮崎でのトレーニングマッチを終えた濱田水輝をZOOMで取材。16時前にすべての取材が終わったので、再びガストへ。濱田のコメントを『ファジラボ』にアップし、『エルゴラッソ』にトレーニングマッチのレポートを入稿。すべてが終わったら23時くらいになったので、急いでホテルへ帰って就寝。

7日
この日から宮崎でキャンプを張るファジアーノの取材。9時から練習が始まるので、指宿を6時には出発しないと間に合わない。5時過ぎに起き、急いで準備をして指宿を後にした。最近、車で移動する際はradikoやYouTubeの本要約チャンネルを聴いていることが多い。少し飛ばして9時前に無事ファジアーノのキャンプ地に到着。練習が午前だけに変更になったので、早起きして良かった。取材後は「ファジラボ」にレポートをアップし、この日は南宮崎駅の近くにあるイオンで買い物。食料やビールを調達し、馴染みのウィークリーマンションに積んできた荷物を移し替え、住環境を整えてから、21時前には寝た。

スーパーで買った焼鳥とはいえ、美味かった

8日
さすがに朝早くに目が覚めたので、ランニングをすることに。昨年に大淀川沿いに簡単なランニングコースがあるのを見つけたんだけど、ここを走るのがけっこう気持ちいい! 40分くらい走りシャワーを浴びてファジアーノの取材へ。この日も練習は午前だけになった。取材を終えるとウィークリーマンションに戻り、あるネットメディアのミーティングに参加。13時からZOOMをつないで約1時間のミーティングを終えると、イオンの中にあるスタバに移動して「ファジラボ」にレポートをアップし、先日に取材させてもらった冨崎さんの原稿を作っていく。19時前に切り上げ、総菜を買って帰宅。ビールを飲みながらプレミアリーグの『リバプール対マンチェスター・シティ』を見て、この日も22時過ぎに寝た。

9日
また朝早くに目が覚めたので、ランニングをすることに。長崎とのトレーニングマッチが始まるのは11時で、車で40分くらいかかる場所で行われるので、マックでコーヒーを飲みながら朝の時間をつぶし、途中でコンビニで昼ご飯を買って清水台総合公園に10時30分前に着く。おにぎり等を食べた後、トレーニングマッチを取材。15時頃に有馬賢二監督の話も聞き終えて取材終了。道中にあったジョイフルで「ファジラボ」をアップし、マッチレビューを書き進めていると19時過ぎになったので、この日はスーパー銭湯に寄って帰ることにした。夜ご飯もコンビニで買って帰り、『組織的カオスフットボール教典』というリバプールについて書かれている本を読んでいると、いつのまにか寝ていた。

大淀川沿い 気持ちよさそうでしょ

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ