【サッカー人気4位】【J2第8節:山形vs長崎】プレビュー…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督『今後に弾みの付く大きな勝点3になった』(濱田水輝 喜山康平)【2021 J2第1節 栃木戦コメント】

有馬賢二監督

選手がしっかりとバトルを嫌がらずに戦ってくれたおかげだと思っています。前半はロングボールとリスタートのこぼれのところでセカンドを少しうまく拾い切れずにシュートを打たれる場面はあったんですけど、ボールに対してはしっかりと寄せることができた。GKを含めてしっかりとクローズできていたと思います。その中で昨年からの課題である、どうボックス内に入っていき、どうこじ開けるか、ということをプレシーズンにトライしてきた中で、前半から勇気をもってボックス内に入っていくことができたからPKにつながったので、一つ自分たちの目指している形が前半のうちに出せたかなと思います。

後半はしっかりと守る中でカウンターから2点目を取りに行こうって話していた中で、何個かビッグチャンスもあったんですけど、栃木さんのGKの好セーブもあって取り切れなかった中で、しっかりと人数をかけて最後に枠内に飛ばすことができた2点目は非常に大きかったなと。質とか回数とかはまだまだですけど、パワーをもってボックス内に入っていく、飛び出していく、っていうところの片鱗はお見せすることができたのかなと思いますし、次はホームでできるので、さらに質とコンビネーションを上げていきたいなと思います。

今日も前半は苦しい場面もあったんですけど、ゴール裏のサポーターの声援があったおかげで何とか勝点3をつかむことができたので、またCスタで皆さんの声援をいただけるとありがたいなと思っています。

――開幕戦の勝利は非常に大事になるとおっしゃっていました

大きな勝利になったと思います。簡単な試合にならないのが開幕戦で、タフでギリギリの戦いになることはわかっていたんで、勝点3を取れたことは良かったです。昨年に本当に苦しい想いをして、(最後の)10節を若手を起用しながらやったおかげで、最後に途中から出た海大を含め、みんなが自分が何をしないといけないかを理解して戦ってくれた。今後に弾みの付く大きな勝点3になったと思います。

――後半の途中から3バックにした狙いは?

長いボールが入ってくるので、まずしっかりと競れないと栃木さんのパワーを受けることになってしまうし、セカンドボールの拾い合いになることは予想していた中で、[4-1-4-1]と[5-4-1]のどちらも用意していたんですけど、よりはっきりと競り合うことが必要だと感じたので。競り合うこととこぼれ球を拾うこと、そこからカウンターの練習もしていたので、そういう狙いをもってフォーメーションを変えました。

――迫力をもって人数をかけて攻め込めていたと思いますが、攻撃面の課題はどういうところにあるでしょうか?

良い意識を持ってやってくれていて、前半も何回かボックス内に入っていけている中で、これから試合を重ねていけばもっとコンビネーションは良くなっていくと思います。選手たちにアイディアを出してほしい部分もあって、最低限の「コレとコレとコレは全員でやろう」と言っていますが、それ以外のひらめきや即興性も出していってほしい。完全な自由ではなく自分たちの指針とする部分、拠り所になる部分を持ちながらやれているんで形は出せているけど、その中でもっと即興性が出てくると。彼らの良さはまだまだ出せると思うんで、両方を合わせながらやっていきたいと思います。

 

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ