【サッカー人気3位】柏に完封勝利 宇賀神友弥は試合出場を目…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】『若い守備陣の不足しているところが浮き出た試合に』【2021 J2 第13節 千葉戦 レビュー】

ファジアーノはフクアリでまた敗戦を重ねることになった。「経験値が足りなかった」と言わざるを得ない結果となったことは残念ですが、フクアリで学んだことは必ず今後につながるはず。失点シーンを振り返り、若いチームが改善すべきところを見つけていきたい。

・なぜ4失点が起こったのか
・もっとアグレッシブに


 

なぜ4失点が起こったのか

サウダーニャのドリブルの推進力とシュート力でゴールをこじ開けられた1失点目は、カウンターを止められなかったことが問題だった。

この時間帯はファジアーノがボールをずっと握っていた。相手を左右に揺さぶりながらディフェンスラインの背後を突いたパスを送り込むことができていて、理想的と言ってもいいサッカーができている時間帯だった。

失点する直前の攻撃も素晴らしい。徳元悠平が斜めにくさびのパスを打ち込み、川本梨誉がスール―して山本大貴が左サイドの木村太哉にダイレクトで流す。素晴らしい連係を見せて木村がボックス内にラストパスを入れていくも、川本はシュートを打てず相手DFにボールが渡ってしまった。

ここから失点までを少し詳しく見ていきたい。自軍のPAで相手DFはサウダーニャを目がけて大きく蹴ってきた。そして、井上黎生人がサウダーニャと競り合うも弾き返せず、サウダーニャが落としたボールを疋田優人と見木友哉が奪い合う。ここで疋田が競り負けてカウンターを発動させてしまったことが痛かったが、まだ食い止めるチャンスはあった。

三木が横にいたサウダーニャにボールを預けたとき、白井永地がプレスバックして潰しにいく。しかし、サウダーニャは白井を振り切って前進した。白井がここでファウルをしてでも止めるべきだったという意見もあるだろう。

ただ、ファジアーノの方が数的優位の状況だった。慌てるような状況ではなかったが、ゴールへ向かってきたサウダーニャへのマークがはっきりとしないままに左足を振り抜かれてしまった。阿部海大がカバーに入れたのだから、井上がタイトに寄せるべきだっただろう。痛恨の1失点目はCBの2人で瞬時にチャレンジ&カバーの関係を作れなかったことが一番の大きな問題だったと思う。

2失点目については、井上が試合後に問題を言い当てている。

「セットプレーの後で、クリアした後に全体がバラバラに上げてしまったことが一つの要因で、上げた中で真ん中に大きい選手がいて後ろで数的不利な状況も作られてしまったんで、見える選手が、もしくはCBの選手が、コーチングできていれば対応できたと思う。あとはクロスを入れられた後のセカンドボールを拾えたらまた違う形になったんじゃないかと思うので、そこら辺は意識したいなと思います」(井上)

FKを弾き返した後、守備がまったく組織されていなかった。濱田水輝の不在を感じる失点となってしまった。

3失点目は上門知樹が焦って対応したとことでPKを取られている。上門には我慢強く対応してほしかったけど、左サイドを深く切り込まれてしまったシーンに問題を感じる。敵陣まで徳元悠平が単独でプレスをかけに行った判断が適切だったとは思えないし、プレスがハマらず左サイドの背後で起点を作られたとき、徳元と木村のプレスバックが遅れていることも3失点目の大きな要因だ。4失点目も徳元が1対1で負けて左サイド深くまで切り込まれて喫した失点だったことも含めて、左サイドの守備は改善していかないといけない。

CB2人の未熟さが出てしまい、徳元のウィークな部分が出た失点だった。失点した状況や時間帯が良くなかったことも含めて、若い守備陣の不足しているところが浮き出た試合になったけど、要所を締めていく大事さや一人ひとりがきっちりと責任を果たすことの大事さを、学んで次に生かしていってもらいたい。

もっとアグレッシブに

前節と同様、大きな可能性も感じた試合だった。アウェイでも多く選手が関わりながら意図をもってボールを動かすことができていた。後半は相手に引かれてしまって突破口を見つけられなくなったけども、前半はディフェンスラインでのビルドアップに安定感があり、左右にボールを動かしながら背後を突いていくことができていた。

何より、一人ひとりが自信をもってプレーできている。今節もスーパーなシュートを放って得点を決めた川本は、ボールをもらう動きや攻から守への切り替えが一段と鋭くなっていた。木村も前を向いて仕掛けたときはキレ味があったし、疋田もゴール前へタイミング良く入っていく特徴を何度も見せてくれた。白井の展開力も上がってきているし、上門も右サイドにずっといるのではなくポジションを崩しながらフィニッシュに関わっていくプレーを見せていた。

ただ、前線からアグレッシブに奪いに行く場面は多くなかった。3連戦の3戦目だったからそれも致し方ないが、このチームはアグレッシブにボールを奪いに行くことでもっと大きな魅力を発揮することができるはず。

まずはしっかりと休み、次節の大宮戦はさらにアグレッシブに戦う姿を見せてほしい。NACK5スタジアム大宮もまだファジアーノが一度も勝ったことがスタジアム。今度こそは鬼門を乗り越えていこう。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ