【サッカー人気3位】「年齢に関係なく誰よりも活躍したい。そ…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督『勝ちたい気持ちは持っていないといけないし、求め合うことは大事だと思いますけど、その言葉が前向きであることは絶対に必要』(金山隼樹 上門知樹)【2021 J2第15節 長崎戦コメント】

有馬賢二監督

しっかりと自分たちがやろうとするボールを奪う意識を全体で持って入れたと思うんですけど、奪った後の攻撃のところで距離感が遠かったし、収まり所がなかったので、厚みのある攻撃に前半はならなかったのがもったいなかったなと。ただ、相手のストロングがあるところをしっかりと抑えながら奪いに行く意識は持って入ってくれたと思っています。

その中で、崩されたというよりも自分たちのミスから数少ないピンチで失点してしまったのは悔やまれる部分。後半は相手の足が止まってきた中で起点を作りながらゴールに迫っていくことはできたんですけど、最後のFKを含めミドルを含め、こじ開けるもう一歩が足りなかったなと。

ただ、我慢強く試合を推移していかないといけないチーム状況の中で、負けてしまったのでどうしても足りない部分がクローズアップされるんですけど、粘り強く戦えた部分はあるし、最後に代わって出た選手のクオリティの部分、ボールの運び方は悪くなかったと思うんで、その辺の良かったところを決して見失わないように。良かったところはしっかりと次に生かしながら、少ないピンチの中でも失点してしまうと苦しくなることを学んでいかないといけないし、次につなげていかないといけないと思っています。

チーム状況としては、選手が代わって慣れていないポジションの中でも最後までゴールへ向かってくれた。ホームでやる以上、最後まで全力で戦うことを選手はやってくれたと思っていますし、次はしっかりと勝点3が取れるように積み上げていきたいと思います。サポーターの皆さんがスタンドに観に来ることはできなかったですけど、次は勝点3を届けられるようにやっていきたいと思います。

――自分たちのミスから数少ないピンチを決められたということですが、どういったミスがあったでしょうか?

カウンターを受けた部分も、単純なパスミスからのカウンターだったりとか、奪った瞬間に相手が来る中で判断のところ(のミス)はありますね。相手がどこにいるかは見ていないといけない。隙を作ったわけではないけど、そういうミスを減らしていかないとゲームの主導権を取れなくなってくるんで、一個一個の判断の部分、一個一個の質の部分はまだまだ上げていかないといけないと思います。

――チャンスは多くなかったと思います。その要因は?

前半は深いところにボールを入れたときに起点ができなかった。ボールを隠しながら時間を作ることができなくて、全体が良い距離でサポートするまでの時間ができないと、失った後に切り替えてボールを奪い返すこともできないし、パスの11本の距離も長くなってくる。それで全体の厚みのある攻撃にはなっていかなかった中で、前半に失い方が悪くて点を取られてしまってからは、相手がリトリートした部分もあって、そこを崩していくのは簡単ではなかった。後半に代わった選手も含めてボールの動かし方自体は悪くなかったと思いますけど、最後のところにパワーをもって入っていくことができないとゴールは奪えないし、やっぱり先に失ってしまうと、今のJ2だと簡単じゃない。粘り強く戦っていく必要があると思っています。

――試合中に選手間でフラストレーションを表に出していたシーンがあったと思います。試合中に起こったことをどう捉えていますか?

試合が終わってから選手全員の前で話しました。勝ちたいっていう気持ちは当然みんなあるし、その気持ちは持っていないといけない。ただ、どんな状況であってもチームのために前向きにタフにやることがプラスの方向に働くことは間違いないことなんで、どう仲間に伝えるか。プラスではない言葉なのならあってはいけないし、そのことは試合が終わった後に話しました。勝ちたい、負けたくないっていう気持ちから出ていることはわかるけど、チームにとってプラスではないっていう話をしましたし、最後は監督として僕が責任を取るわけですから、何かあったら言ってこいとも選手たちに伝えました。勝ちたい気持ちは持っていないといけないし、求め合うことは大事だと思いますけど、その言葉が前向きであることは絶対に必要だと思っています。

――前向きな状況にあるんでしょうか?

プロサッカー選手ですから、負けていてへらへらしている方がおかしいと思う。ただ、その言い方、伝え方。サッカーは全員でやっているものですから、伝え方は大事だし、前向きにやっていることが大事。うまくいかないときにフラストレーションが溜まるのは当たり前ですし、彼らだったら前向きにやっていけると思います。それはずっと伝えてきたことですし、最後に共有もしました。

――得点がなかなか奪えない中、攻撃陣に離脱している選手もいる状況です。ヨンジェの復帰時期の目処は立っているのでしょうか? また、攻撃のメンバー構成は、立ち位置も含めて今後どうしていこうと考えていますか?

ヨンジェは部分合流はできているんですけど、再離脱をしないようにトレーナー、フィジカルコーチとも話し合って進めているところです。(就任)1年目から彼がこのチームを引っ張ってきた1人だと思っていますし、彼が早く帰ってくることを僕も望んでいますし、もう少しの辛抱だと思っています。

あと、紅白戦もできない限られたメンバーの中で、いろんな組み合わせを対戦相手のことも考えながらやっているところです。すべてを持っている選手を並べればうまくいくことが多いのかもしれないですけど、選手それぞれにストロングがあって、その中で我慢強く戦っていくことがウチには必要なこと。紅白戦の中でも普段の練習の中でも、各スタッフとも話しながらどういう組み合わせがいいのかを試しながらやっているところですし、本当に我慢強く先に取られないようにやっていかないといけないと思います。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ