【サッカー人気4位】右サイドバックを争う選手が見せてくれた…

「ファジラボ」寺田弘幸

【一部無料】梅田透吾『よく言えば落ち着いてる。悪く言えば無関心ってことです(笑)』【加戸英佳が皆さまに代わって選手に質問してきます】

質問をくださった皆さま、ありがとうございました。

今回は清水エスパルスから期限付き移籍で加入した梅田透吾選手です。ファン、サポーターの皆さまは今、選手と触れ合うことができないので、どんな選手なのか気になっていますよね。

私はこれまで何度か取材をさせてもらったことはあるのですが、いつも独特の梅田ワールドに引き込まれてます(笑) 今回も梅田ワールド全開です!

加戸英佳(以下、加戸) 「よろしくお願いします!」

梅田透吾(以下、梅田) 「お願いします。質問きてますか?」

加戸 「たくさんきてますよ!」

梅田 「本当ですか? 正直に答えていいんですよね?」

加戸 「はい(笑) では、最初の質問です。岡山に来てまだ数ヶ月だと思うんですが、実際来てみての岡山の印象は?」

梅田 「あんまり静岡と変わらないな。のどかで住みやすいと思ってます」

加戸 「似てるってことはすぐ慣れましたか?」

梅田 「違和感は感じなかったです。『異世界に来てしまった!』って感じはないです」

加戸 「最初の岡山のイメージは?」

梅田 「特に何のイメージもなかったです。練習場は周りに何もないよっていうのは聞いてて、後は何も考えずに来ました」

加戸 「(笑) 今はコロナの影響で出かけられないと思うんですけど、どんな生活してるんですか?」

梅田 「どこにも行けないので、基本、練習が終わったらスーパー行って帰る。そんな感じです」

加戸 「ご飯作るんですか?」

梅田 「はい。そんなに街をブラブラするタイプじゃないんで、コロナじゃなくても生活は変わらないです」

加戸 「じゃあ静岡のときと生活も変わってないんですね」

梅田 「はい。寮生活から一人暮らしになったくらいですね。食事を自分で用意しなくちゃいけなくなったくらいです。他は変わってませんね」

加戸 「一人暮らしは楽しいですか?」

梅田 「楽です! 非常に!」

加戸 「初めての一人暮らし?」

梅田 「初めてです!」

加戸 「寂しくはないですか?」

梅田 「寂しくないですね~、不思議なくらいに。家族に申し訳ないくらいに(笑) 静岡のときは寮でしたけど、実家も車で1時間くらいで帰れる距離だったんです。だから、こっちに来てどうなんだろうな~ って思ってましたけど、まったくでした」

加戸 「それだけ岡山の暮らしに慣れたってことですよ(笑)では次の質問です。早く試合で活躍する姿を見たいです! というメッセージと共に、セールスポイントはどこですか?  という質問が届いていました」

梅田 「僕も見たい! 試合に出た自分を見てみたいです。セールスポイントは、何なんですかね? 90分間通して見ていただければわかるんじゃないでしょうか?」

加戸 「逆に見つけてくださいと(笑)」

梅田 「教えてください!」

加戸 「ビルドアップが得意ですよね?」

梅田 「好きですね。楽しくサッカーをしたいので。勝つためにやりますけど、観てる人にも楽しんでもらいたいので。あんまり慌てないことが取り柄って言われることが多いです」

加戸 「確かに、何があっても動じなさそう。今のままな感じがしますね」

梅田 「よく言えば落ち着いてる。悪く言えば無関心ってことです(笑)」

加戸 「緊張とかはしないんですか?」

(残り 1867文字/全文: 3148文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ