【サッカー人気1位】川端暁彦と五輪GL総括「予定外の事も良…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】宮崎幾笑『チーム一丸になれていたし、雰囲気もすごい良かった』【政田サッカー場直送レポート】

松本戦を振り返った宮崎幾笑は、何度もチームの雰囲気が良かったことについて言及し、自分自身のパフォーマンスにも手応えを感じられたようでした。

背番号10はこれから躍動してくれるのではないか。

そんな予感がしています。

(取材日:6月1日)

宮崎幾笑

――松本戦は良い試合ができたね

そうですね。まず勝てたことが何より一番だったと思います。

――久しぶりの先発だった。気持ちも入っていたと思う

はい。でも、個人っていうよりやっぱりチームですよね。最近はなかなかうまくいってなくて結果も付いてきていなかった中で、松本戦は僕を含めきーやんやミヤ君も入れ替わって臨みましたけど、チーム一丸になれていたし、雰囲気もすごい良かった。やっていた自分もそう感じたし、みんなもそう感じたと思うけど、やっぱり試合をうまく運んでいくためにはそういうところが一番大事なことを学んだ試合でした。今までもそう思っていましたけど、実際に毎試合そうやってやることは難しいことだし、松本戦はそれができたから結果にもつながったと思っています。

――立ち上がりからアグレッシブに戦えたところも良かったと思う

アリさんから『最初の15分くらいまでどんどん相手の背後を狙おう』っていう指示もあって、みんなが同じ方向を向けて試合に入れていたと思います。僕自身も背後を取ることはすごく意識して試合に入りました。やっぱり相手の背後を取れると、チーム全体のラインも上がるし、失っても高い位置からプレスをかけられる。すごい良い入りだったと思います。

――自分のプレーにも良い手応えがあったのでは?

日に日にコンディションは上がってきていて、あとはそれを試合で出すだけだと思っていたし、誰かがミスをしてもすぐにカバーしようっていう雰囲気があったからすごくチャレンジもしやすかったですね。みんなもやりやすかったと思うし、やっぱりそういう雰囲気ができたから個人も生きたんだと思います。

――ドリブルで相手を交わしていく場面もあった

ああいうプレーが持ち味なので、それが出せたのは良かったです。あとはクロスが味方と合ってくれば、なお良いなと思っています。

――6月は上位チームとの対戦も続く。今後に向けて

まずはヴェルディ戦に向けてやっていきたい。チームのベースを崩さず、良い雰囲気で戦っていきたいと思います。ヴェルディも後ろでボールを動かしてくるチームだと思うので、どんどん前からプレスをかけていく入りができればなと思います。

――上門君も久しぶりに点を取った。俺も! っていう気持ちになっていると思う

でも、まずチームが勝てれば僕は良いんです。その中で結果が付いてくれば、なお良いんで、まずはチームのことを考えてプレーしていく中で点も取れればなと思っています。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ