【サッカー人気4位】右サイドバックを争う選手が見せてくれた…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督『決めるか決めないかで勝点が変わるっていうことを感じたゲームです』(阿部海大 白井永地)【2021 J2第17節 東京V戦コメント】

有馬賢二監督

前半の入りからしっかりと自分たちのやろうとするFWから規制をかけながら追い込んで高い位置でボールを奪うっていうベースのところは全体的にできたゲームだと思っています。ただ、前半もそうですけど、奪った後により良い攻撃につなげてシュートまで持っていく場面がなきゃいけなかったと思っています。そういう中で後半も自分たちにチャンスがあったし、そこで決めるか決めないかで勝点が変わるっていうことを感じたゲームです。

多くないピンチの中で、最後に自分たちがやるべきことをやらないと、やっぱりああいう失点につながる。その辺は交代も含めてより厳しくクローズをしないと、勝点1さえ落としてしまう。もったいないゲームになってしまったと思っています。

全体的に自分たちが積み上げていることはできたゲームだと思っているんで、やっぱり点を取り切ること。それまで焦れずに粘り強くやること。特に守備の部分は気を付けていたところだったので、しっかりと守り切れるように。その辺を次節に向けてやっていかないといけないと思っています。

ホームでこれだけ応援してくれた中で勝点が届けられずに非常に残念な想いをさせてしまったんで、次は選手と一緒に勝点3を取れるようにやっていきたいと思います。

――失点の場面について、「やるべきことをやらないと」という話がありましたが、具体的にはどのようなことでしょうか?

しっかりとまず内側を閉じること。相手がCBSBの間を取ってくることはわかっていたし、ワイド・トゥ・ワイドで左から右に振ってくることもわかっていた中で、サイドチェンジに対してしっかりボールのところに詰めないといけないし、振られても中でしっかりとマークを付かないといけない。みんなであれば、やるべきことをやっていたら十分に防げた失点だと思う。ただ、同じように自分たちもチャンスがあった中で、枠に飛ばせるか。隙を作らないでやっていけるか。そういう本当に細部のところをさらにやっていくことで勝点3をつかめるのかどうかになる。今のJ2は本当にそういうところだと思うので、一個一個やっていくことが大事だと思っています。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ