【サッカー人気5位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

「ファジラボ」寺田弘幸

『安部崇士が表現した「岡山らしさ」 宮崎幾笑が語った「チーム一丸」』【2021 J2 第18節 新潟戦レビュー】

新潟戦の前に上門知樹は「やるべきことをやれば十分に勝つチャンスはあると思っています」と話していたけど、その通りだった。首位チームを破った90分間は、1人ひとりが強い気持ちを持って相手に立ち向かっていったナイスゲームでした。

(寺田弘幸)

(残り 1367文字/全文: 1484文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ