【サッカー人気2位】西のビッグクラブから届いた獲得オファー…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】梅田透吾『無失点に抑えられたことがアピールになったと思います』【政田サッカー場直送レポート】

ファジアーノで初めて公式戦のゴールマウスを守り無失点で勝利した梅田透吾に東京V戦を振り返ってもらいました。

早く彼のプレーをCスタでも見たいですね。

(取材日:6月17日)

梅田透吾

――岡山で最初の公式戦に出場した気持ちは?

勝てたんで良かったですよ(笑)

――映像も見ることができていないから、どんな試合だったかを教えてもらいたいんだけど

俺がですか。他の人の情報の方がしっかりとしていると思いますよ。

――いやいや、一番後ろから良く見えていたでしょ。あんまりピンチはなかったと聞いているんだけど

でも、ボールは持たれていたんで、フィールドの選手は本当に大変だったと思います。そういう展開でもゼロに抑えられたのは本当にみんなが頑張って走ってくれたからだと思っています。(ボールを)持たれていても危険っていうほどのシーンはなかったし、みんなが最後のところで身体を張ってくれていたから、ああいう結果になったんだと思います。相手のミスもありましたけど、みんなで集中して戦えていたと思います。

――公式戦に出場して感じたことはどんなことだった?

楽しかったです。リーグ戦とはレギュレーションが違うんでまた違った感じもあって、PK戦までいったらどうしようとかいろいろありましたけど、そうなったらそうなったで楽しみだなって思っていたし、一番は勝てて良かったです。負けてたら楽しかったなんて言ってられないですし。

――チームとしてやるべきことがある中で、自分がどういうプレーをしていこうっていう整理はできている?

はい。自分のやれることはわかっているし、昨日もまずはとにかくそれをやることだと思っていました。自分とCB2人もそれぞれやるべきことがあるんで、それははっきりとしてやっていましたね。

――新潟に勝って、ヴェルディにも勝って、チームとして良い流れになっている

流れは良いと思いますけど、流れが関係ないのがサッカーでもあるんで。流れに乗れるときは乗っていきたいけど、乗ったと思ったら負けることもざらにあるんで、目の前の試合に集中することが大事かなと思います。

――個人としては今後もやることを変えず続けていきたい?

そうですね。昨日の試合は自分のミスもありましたし、自分で納得いかないプレーもありましたけど、それが今まで準備してきた結果だと思うんです。これからも準備してきたことしか試合には出ないと思うんで、変わらずやり続けようと思います。

――今度はぜひプレーを見ることのできる試合でプレーしてほしい!

僕もそうしたい。そうなれるように頑張りたいです。

――良いアピールになったのでは

そうですね。やっぱり結果が一番のアピールだと思うんです。内容は良いところもあればまだまだなところもありましたけど、無失点に抑えられたことがアピールになったと思います。

――ちなみに、PK戦は得意?

得意じゃないですけど、好きですね。キッカーは決めて当たり前じゃないですか。だから、蹴る方がすごく緊張しているのがわかるんで、僕はリラックスできるんですよ。PK戦はGKの方が有利だなと思うし、あの何とも言えない空気感も好きですね。よく性格悪いって言われます(笑)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ