【サッカー人気5位】西谷優希、弟・和希に指摘された「へそを…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督『1つになって戦ってくれたので結果が付いてきたと思う』(梅田透吾 上門知樹)【2021 J2第19節 琉球戦コメント】

有馬賢二監督

選手たちは想いを持って、ホームで応援してくれる人のパワーを受け止めながら、魂をもって戦ってくれたかなと思います。

前半は考えながら選手たちはやってくれたんですけど、なかなかスイッチがうまく入らなかった。それでも前半のうちに修正してくれて、代わって入った選手のビッグセーブもあった中で我慢しながら自分たちの時間に持っていけたかなと。勝つためには、こういう守備もそうだし、攻撃のところもそう。ピッチに立っている選手が考えながら我慢しながら戦っていく中で先制点を取ってくれたことが大きかったなと思います。

その中で後半は代わった選手も含めて守るだけじゃなく、琉球さんはやっぱりパワーがあるので、しっかりと危険なところを消しながら2点目を取りに行こうという中で、考えながらやってくれた。アクシデントもあった中で選手を代えていったんですけど、代わって入った選手もしっかりと理解しながらゼロで抑えてくれ、上位にいる琉球さんに対して3点を取れたっていうことは、今後に弾みが付いていくと思います。

新潟戦から天皇杯のメンバーもリハビリのメンバーも含めて、本当に全員がチームのためにどういうことをしたら力になれるのかということを考えながら、この3連戦を戦ってくれた。しっかりと1つになって戦ってくれたので結果が付いてきたと思うし、ホームでなかなか気持ちいい勝利をプレゼントできていなかった中で、今日も応援してくれる皆さんの力を借りながらこういうゲームができたことを本当に感謝しています。次のゲームに向けて選手と一緒にやっていきたいと思います。

――梅田選手を起用した狙いは?

本当にGK4人はしっかりと競争してくれていて、こないだの天皇杯を含めてウメは調子が良かった。隼樹も決して悪くないんです。隼樹は隼樹の良さを出している中で、ウメも調子が良くて切磋琢磨していた。今日はビッグセーブも2つくらいありましたけど、あれは彼がしっかりと準備してきたからできたことだと思うし、ビルドアップのところでも彼の良さが十分に出たのかなと思っています。それぞれ4人のGKの状態が良くて切磋琢磨している中で、調子の良いGKを起用しました。

――今日は決定機を確実にモノにして3ゴールを奪いました

今年はちょっとずつチャンスを作れる回数が増えていた。ボックス内、もしくはアタッキングサードに入っていく回数もシュート数も増えているんですけど、最後は枠に飛ばす、もしくは厚みをもってこぼれ球を含めてゴール前に入っていけるようにやってきた。個人の技術も必要なんですけど、チームとしてどう回数を増やしていくかという中で、意識をもってパワーをもって入ってくれたおかげだと思っていますし、いつも残ってコーチと一緒にシュート練習をしている努力がこうやって形に出てくるのかなと。個人としてもチームとしても続けていく必要があるかなと思います。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ