【サッカー人気3位】「年齢に関係なく誰よりも活躍したい。そ…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】徳元悠平『アイツが爆発しちゃったんで、僕も爆発しちゃいました(笑)』【政田サッカー場直送レポート】

琉球戦で先制点が決まった後、Cスタにすごく大きな喜びが広がりました。それもやっぱり彼らが思いっ切り喜びを表現してくれたでしょう。

やっぱり、ゴールが決まった瞬間は最高ですね。

(取材日:6月22日)

徳元悠平

――琉球戦の勝利はうれしかったね

はい! 1-0になった後、昨年に逆転されたイメージもなくはなかった中で、逃げ切る意図じゃない5バックにした後に2点を取れたのは良かった。今後にもつながる良い試合だったのかなと思います。

――途中で5バックにして勝ち切る試合が多いけど、戦いやすくなる?

後ろに安心感、安定感が生まれるんで。ボールにプレッシャーをかるために出て行っても後ろは揃っている安心感があるんで、チャレンジできている部分がある。アリさんの言っていることをみんなでやれているのかなと思います。守りに行く5バックではなくボールに対しては絶対に行く。特にサイドにボールが出たら行くっていう意識をみんなが持てているんで、やりやすさを感じています。

――上門君が得点を取ったときは本当にうれしそうだった

誰が決めても喜んでいましたけど、アイツが決めたんでうれしさも倍でした。アイツがそんなに喜ばなかったから僕も静かにハグくらいにしようかなと思いましたけど、アイツが爆発しちゃったんで、僕も爆発しちゃいました(笑)

――パフォーマンスの出来栄えはどう?

50点くらいじゃないですか。たぶん知樹だけカメラ位置を把握していましたね。僕とかはカメラマンじゃなくスタンドを見ていましたから、そこを把握しておかないといけなかったです。

――(笑) 苦しい時期もあったけど、新潟戦から良い結果を出せるようになってきた

相手が上位だからやろうっていう気持ちになっているところはあると思うんで、下位のチームとの試合でも相手をリスペクトしてやれればなと思いますし、ヴェルディも含めての3試合でチーム全員が1つの方向に向かって戦えたことはこれから夏場に生きてくると思います。

――京都戦もすごく楽しみな試合になる

首位ですし、十何試合負けなし(14試合負けなし)の相手に勝つと、もっと大きな自信になると思う。相手をリスペクトしながら、しっかりとした守備から入っていきたい。攻撃陣は点を取ってくれるっていう信頼があるので、僕はまず走って守備をして攻撃をしたいなと思います。

――サイドハーフには慣れてきた?

まだあんまり動き方がわからないんで、迷子になることも多いです(笑) 間で受けてターンしてパスをするっていうのは苦手ではないし、太哉にできないことを僕がやって、太哉にできることは太哉に任せる。そう思ってやっていますし、良い形で途中から出る選手にバトンを渡すことができたらなと思っています。

――まず守備から入ることを意識している?

はい。どう動けばいいかを考える前に、まず走ろうって思っています。僕が走って貢献できれば、みんなもちょっとは休めるかなと思っているし、サイドバックと違って無駄走りも意味のあるものになるんで、90分を出ようとは思わず、まずは走ろうと思っています。

――点を取ってやろうっていう気持ちもより出てくるよね

そうですね。早めに右からのクロスに入ろうと思っていますし、高い位置で奪った後にスプリントしてカウンターにも出て行きたい。早くゴールしたいですね。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ