【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】『アグレッシブだし、本当にやりがいのある相手(有馬監督)』【2021 J2第20節 京都戦プレビュー】

2021 J2 第20節 京都戦プレビュー

上位チームを連破したファジアーノの次の相手は、とても切り替えが速くアグレッシブな攻守を展開する京都だ。

新潟と琉球はGKも含めてボールをつなぐところにリスクを負ってでもトライしてチームの強みにしているけど、京都は前に人数をかけるところ、前からボールを奪いに行くところにトライしてチームの強みにしている。

新潟戦も琉球戦も我慢強く守って勝利につなげていったように、今節も我慢強く守ることは必須になる。ただ、どんどんアクションを起こして圧力をかけてくる京都の攻撃を受け続ける展開になれば、決定力の高いピーター・ウタカがいることも含めて考えれば、できる限り自陣で我慢する時間を少なくしたい。

今節はファジアーノが恐れずアクションを起こしていくことがポイントになるだろう。FWがスイッチを入れて連動してボールを奪いに行く。ボールを奪った後は選手間の距離を縮めて連係してボールをつないでいく。連動が遅れたり、連係が乱れれば、京都はどんどん圧力を強めてくる。強い意志をもって主体的にプレーしていってもらいたい。

(寺田弘幸)


有馬賢二監督

――暑くなってきましたね

そうですね。今週は練習の時間と強度を気にしながら進めています。居残りでたくさんシュートを打ちたいっていう選手にも時間を限定させてもらったんだけど、選手たちもだいぶ暑さに慣れてきているかなと思いますね。

――首位の京都はどんな印象でしょうか?

戦い方が明確で、パワーをもって出てくるチーム。アグレッシブだし、本当にやりがいのある相手だと思っています。ただ、今までもそうだったけど、まずは自分たちの良さを出しながら、向こうの良さを消しながら、今回も本当に粘り強くやっていくことが大事だと思っています。軽くボールを奪いに行くと簡単に交わされちゃうんで11のところも大事だし、組織として何重にも保険をかけながら戦っていかないといけない。それはどの試合も同じなんだけど、もう一個質を上げていかないといけない相手だと思っています。

――ピーター・ウタカは要注意ですよね

はい。J2の中では能力が抜けている選手の1人だから、好きにやらせたらやられてしまう。昨年までウチはウタカを抑えてきた方だと思うけど、勝負所でウタカに引っ張られて違うところが空いてことはあったし、しっかりと抑えないといけない。まず気持ち良くやらせないようにしないといけないと思っています。

――武田君も中盤でよく効いています

そうですね。ハードワークして運動量を出せる選手だし、その良さが生きているなと思います。甲府でもアイツの運動量が生きていたから昨年の最後に対戦したときに「うまく自分の良さを出しているな」っていう話をしたんだけど、京都でも飛び出して起点を作ったりして良さを出している。自由にはやらせてはいけないと思っています。

――前節は梅田君が本当に良くやってくれました

良さを出してくれましたね。GKの4人はみんなが良いキャラクターを持ちながら良い競争をしてくれている中で、僕は試合に勝つことはもちろん、チームの成長と個人の成長も考えてメンバーを選んでいる。チームとしても個人としても積み上げをしていかないといけないんで、勝ったからメンバーを代えないわけじゃない。勝った後も調子を上げてきた選手がいれば起用していくし、負けていても4試合くらいメンバーを代えないときもあったと思いますけど、そのときは継続することのメリットを選択したということです。

試合に勝った後はみんなで喜び合えるチームじゃないといけないと思っているし、メンバーを代えてうまくいくかどうかはやってみないとわからないところはあるけど、それを裏付けるためにも僕らはスタッフと一緒にしっかりと見て観察している中で、ウメはこのタイミングで起用することを決めましたけど、良くやってくれたなと思います。

力まなかったから良かった。ヴェルディのときに「楽しんでやれ」って言ったら「楽しんでやります」って言って出て行って、琉球のときは「自分のやれることをやれ」って言ったら「自分のやれることをやります」って言って出て行ったんだけど、そういうアイツのキャラクターが良かったですよね。もっと熱さがあってもいいと思うけど、力まずにいい意味で適当にプレーできるところがウメの良いところかなと思います。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ