【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督『これから後半戦を戦っていく上で、まだまだ緩さがある』(齊藤和樹 井上黎生人)【2021 J2第21節 甲府戦コメント】

有馬賢二監督

これだけ雨が降った中でも多くのサポーターが来ていただいた中で、勝点3をお見せしたかったんですけど。そういう想いを持って選手たちも入ってくれたと思います。まずはゴールに向かって行く形とボックス内に入って行く形ができて、前半の自分たちの時間帯があったときに1個取り切ることが大切だったし、ああいう形で失点を1個目、2個目としてしまったことで、自分たちの戦いを難しくしてしまったのは事実かな。

前半に何回かボックス内に入っていくチャンスがあった中で取り切ることもそうだったし、完全にシュートチャンスのところを阻害されたかなっていうのが1個あったんで、あれを取れているとまた違う流れになったと思う。ただ、そういう数をもっと前半も後半も増やしていかないうといけないし、得点を取る前に2点目の失点をしてしまうっていうのは、これから後半戦を戦っていく上で、まだまだ緩さがあるなと。

全体で攻守においてやりたいことはやれているんだけど、勝点を取るためには、勝てるチーム、強くなるチームになるためには、そういうところを消していかないといけないし、しっかりと取り切れるようになっていかないといけないことを痛感したゲームです。

まだ半分が終わっただけなので、今度は応援してくれているサポーターの方たちにしっかりと勝点を届けられるように、選手たちとできたこととできなかったことを、本当に妥協せず全員でやっていこうと思います。

――リーグ前半戦が終わって勝点25になりました。この結果をどう受け止められているでしょうか?

当然、足りないと思っています。取りこぼした勝点が多かったですし、特に前半の戦いですね。今日のゲームもそうなんですけど、焦れずに何とか先に取れたゲームは勝点を拾えている。良い形があるときに先に取ることが大切だし、取れなくても我慢しながら失点しないで推移させていくことが大切。今日の1点目も2点目のところもそう。それができることによって勝点を拾えるなって感じた前半戦でもあります。ケガ人が出てきている中でも、どうやってボックスに入っていくか、どうやってシュートチャンスを作っていくか、というところで積み上げてきたことはあるものの、結果として点が取れることをしていかなと勝点が取れないと思っているので、そこは後半戦に向けてやっていきたい。しっかりと取り切れるように、もしくは取られないようにやっていくことが本当に大切だと思います。

――1トップにタメのできるFWがいるとぜんぜん違うと、今日の試合を見て感じたのですが

まずは今いる選手が一生懸命にやってくれていると思いますけど、その通りです。厚みのある攻撃を良い距離感でしていくためには、もう12秒を作れるか。さらに時間を作れることで良い距離感になっていくと思うんです。今年スタートするにあたって、今いる選手が伸びていくことを含め、補強のところも強化部とずっと話しています。あとはヨンジェが前半戦は15分しか出ていないんで、回復することもやっていくことでプラスが出てくる。良い距離感でサッカーをしているときは良い攻撃につながっていると思うし、良い守備にもつながっていると思うんです。そういう意味では、後半戦に向けてそこは大事になる。今いる選手でやっていくことと、ケガ人が帰ってくることと、補強も含めてやっていきたい。今年スタートしてからも補強をするトライはしてくれているんですけど、補強できなかった。ただ、後半戦に向けて強化部も動いてくれている中で、そういう選手が入ってくると、良い競争も生まれるし、積み上げている良い距離感でのサッカーがさらに積み上げられると思っています。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ