【サッカー人気2位】もう「堅守だけ」とは言わせない。「クバ…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督『熱をもって前向きにアグレッシブにゴールに向かっていくことを続けていくことが一番の近道』(木村太哉 パウリーニョ)【2021 J2第23節 群馬戦コメント】

有馬賢二監督

ゲーム全体をちゃんとコントロールし、自分たちがどうボールを運んでどうゴールに迫っていくのかっていうことを考えながらやってくれたと思います。ただ、結果的に勝点3が取れていないっていうことは、大事なところで点を取り切らないといけないということ。そういう意味では、前半にもう1個、積極的に前に出て行くことが大事だったかなと。後半は深いところにボールを入れて起点を作りながら全体が良い距離感で押し込んでいった中で、セットプレーもそうなんですけど、流れの中からも取り切れることをしていかないと、数少ないピンチだったと思うんですけど、やられてしまった。

結果としては本当に考えないといけない。勝たないといけないし、勝点3を取らないといけないゲームだったと思います。ただ、焦れずに戦っていく中でベースは見失わないように。中断期間に入りますけど、しっかりと積み上げていきながら、最後にどうこじ開けていくのかというところ。今日は前半よりも後半にしっかりと考えて入ってくれたと思うし、シュート数もおそらく10本以上は打っている。その中で取り切れることを選手と一緒にやっていくことが大事だと思っています。足りなかったところを、まずはしっかりと1回リフレッシュして、中断期間に目を背けずにやっていきたいと思います。

今日もこれだけ多くのサポーターが来てくれた中で勝点を届けられなかったので、本当に申し訳ないと思っていますし、残念だなと思っています。次は本当に届けられるように、選手と一緒にやっていきたいと思います。

――ゴールをこじ開けていくために、中断期間にどんなことに取り組みますか?

相手が嫌がるところに入っていくことが大事だと思います。前半はボールをある程度は保持していたと思いますけど、持ちながら深い位置に入っていき、そこに人数をかけて厚みがあって距離感の良い状態で入っていかないと前向きでフィニッシュは打てない。後半は幾分か深いところにボールを入れて前向きにボックス内に入っていったんで、そういう形を1つでも多く作っていくことと、前向きで入っていったときに枠内に打ち込むこと。回数と形と最後の質を上げていくことが大切かなと思っています。それが後半は何回かできた中で取れればウチのゲーム展開になったと思うんですけど、取れずに最後のオープンになる時間帯に行ってしまった。次は取り切れるようにやっていくことがものすごく大切かなと思います。

――失点シーンはどう受け止めていますか?

ルーズボールが入って、それを取り切れずに起点を作られて、それでもゴールには帰ってきていた中で、最後まで隙を作らず粘り強く面を作りながら相手よりも予測をして守っていかないと、最後に相手にこぼれてしまう。さっきも言ったように、まずは点を先に自分たちが取ることを求めながらやっていくんですけど、取れなくても粘り強くやっていかないといけないし、そのためにはさらに細かいところをやっていかないといけない。チャレンジしたらカバーする。最後のところは面を作って塞ぐ。こぼれるところを予測してゴール方向に帰る。まだまだやれることがあると思うんで、攻守両方をやっていくことが必要だと思います。

――ホームで8敗目を喫してしまいました。ホームで勝てていないことが、なかなか勢いに乗れないでいる要因だと思います

本当にそうだと思います。多くのサポーターが応援してくれているし、一緒に喜び合いたいと思って戦っている選手たちなんで、それができないことは本当に悔しいし、本当に残念だと思っています。ただ、まったくチャンスが作れなかったわけではないので、続けてやっていくこと。その中で、やっぱり点を取らないと勝つことはできないので、全員で下を向かずにゴールに向かっていきたい。熱をもって前向きにアグレッシブにゴールに向かっていくことを続けていくことが一番の近道だと思っています。チャンスを多く作りながら、ケガ人が戻ってきて競争もしていく中で、取り切れるようになっていくことでホームでも勝ちもつかめるようになると思う。

下を向いてもどうしようもないですし、今日のゲームがまったくボックス内に入れなかったわけじゃない。足りなかったところは反省しないといけないし、目を背けないでやらないといけないんですけど、前向きにトライし続けることが結局は一番の近道だと思うんで、僕も選手も全員でやっていくんで、サポーターの方はやきもきする部分もあると思うんですけど、これからも後押ししていただけたら本当にありがたいなと思っています。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ