【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】濱田水輝『今度こそ本気の真剣勝負がJ1のチームとできる』【政田サッカー場直送レポート】

2日に決まった天皇杯の名古屋戦。ここで勝って弾みを付けてリーグ後半戦に突入していきたいところです。

濱田水輝は自信を持って名古屋戦に備えています。

(取材日:7月30日)

濱田水輝

――2日に名古屋との再試合が決まった

J1を相手に半分頑張ったのに! っていう想いもありますけど(笑) 今度こそ本気の真剣勝負がJ1のチームとできるなっていう想いもあるので、やってやろうっていう気持ちです。

――半分で終わった試合は良い感触が残っている?

そうですね。1回ピンチはありましたけど、全体的には相手をリスペクトしながら自分たちの良さを出せていた。粘り強く戦えていたのでかなり手応えはありました。決定的なシュートまでは行けなかったけど、チャンスもあったので、あのままやれていれば面白かったなと思いますね。

――2日の試合はどんなところがポイントになるだろう?

相手は12つくらいギアを上げてくると思っています。前回はACLの連戦の後だったので動きが悪い部分もありましたけど、次の試合はコンディションも良くなっていると思う。だからと言って僕たちのやることの大枠は変わらないですけど、より隙のない戦いをしていかないと相手の個人能力の高さにやられてしまうと思っています。

――こっちのメンバーも代わると思うし、リーグ後半戦に向けても大事な試合になる

そうですね。いつもシーズン前はJ1のクラブと練習試合をやっていますし、しっかりと良い戦いができる自信はあるので良い準備をしたいです。

――リーグ後半戦のテーマはどんなところになると思っている?

チーム全体の戦い方は一貫して悪くなかったと思っているんですけど、結果をつかむところまではいけなかった。特にホームゲームで勝ちが極端に少なかったことので、後半戦はより多くの勝利をホームで挙げてファン、サポーターと喜び合いたいなと思います。この前にファン感謝デーもありましたけど、やっぱり勝利を届けることが一番だと思うので、勝利につなげていけるように細かいところを突き詰めてと隙のない戦いをしていきたいです。

――CBの競争はすごく激しくなりそうだ

かなり能力の高い選手が揃っているなと思うので、みんなで良い競争をしていきたい。それがチームにとってプラスになると思っていますし、もちろん自分がピッチに立ってチームに貢献していきたいです。自分はピッチに立っていないといけない立場だとも思っていますけど、なんとなく日々を過ごしていたらピッチに立てないことはわかっているので、いろいろ考えながらやっていきたいと思います。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ